写真にはまったオヤジのつぶやき

写真てこんなに面白いとは知らなかった。すっかりオヤジになってから入った不思議な世界。腕前はさておきオヤジだけに言うことだけはエラソウ。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

奇跡の撮影ツアー 5 番外写真

撮影の合間にも腹は減るので、何かしら食事はとる。
標高2000mの東館山山頂では食事が出来てとても助かる。
信州に来たら蕎麦だべなぁ、、、と頼んだ山菜天ぷら蕎麦(という品名だったかな?)


当然興味を引くのはでかい緑色だろう。 二枚は根曲がり竹(チシマザサ)、もう二枚は別の植物のハッパだ。
あたしゃ道産子でも特に山育ちだからさ、根曲がり竹なんか山に行けば何億本、ハッパならその10倍はあると思ってるわけだよ。
でもタケノコは山菜としてのステータスがある。 ある程度の太さになっている竹でなければならず、しかも一年のうちごく限られた期間しか採取できない。
しかし、ハッパは春から秋まであるしタケノコが出ようが出まいが関係なくある。
おまけに笹や竹はとても強くて、根っこが残っていればいくらでも生えてくる。
それを料理として出すのかよ、と正直思ったね。

でも食ってみたら食えるのさ、これが。 柔らかく、思いのほかいける。 おや、と思った。
笹の葉は熱を加えても丈夫だ。 笹団子やちまきに使われる由。
ということはこれは若い葉だ。 今は夏なので春に採取して何か処理を施して保存と同時に柔らかくした可能性がある。 ただ採って来て衣を付けて揚げただけではなさそうで、手間がかかっているようだ。

初日の晩飯は標高2300mの横手山頂ヒュッテ。 日本一高い手作りパン屋さんがある。
値段ではなく標高がね。 気圧の低いところで焼くパンは何かが違うかもしれない。
が、下界で食べるのと変わりなく、なかなか美味しかった。


カップの中はスープだよん。 ダンクして食らったのだった。
メインディッシュは鳥のトマト煮。 なかなか美味しい。 高い山の上でこんな食事が出来るなんて結構贅沢なものだ。感謝。



二日目は奥志賀の方に行ったので昼食をとれる場所が殆どなく、高天原あたりまで戻ってきた。
茸と山菜のカレー、だったかな。


カレーは大好き。 茸は採るのも食うのも大好き。
どこで買ってきた(!)茸かは分からないが(今時分、野生で食える茸は多くはないはずなので)
気分は高原のリゾート地、なのだ。
ご飯がもう少ししゃきっとしてたらウマイと褒めちゃうところだったのに、惜しいねぇ!。
でもボリュームだけはお値段以上(ニトリのCMじゃないけど)なのだった。
大盛蕎麦を頼んだメンバーもいたけど、かなりの量だったように見受けたよ。

この日の晩飯は上信越道横川SAで買った釜飯を自宅でカミサンと。 横川といえば釜飯、釜飯といえば横川、位の有名な弁当。 久しぶりに食ったなぁ。
ここで宣伝しなくてもめちゃくちゃ売れてるから写真なし!(撮るの忘れただけなんだけどね)

  1. 2009/08/02(日) 12:33:18|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Zorg 壊れてるぞ~ ぐ | ホーム | 奇跡の撮影ツアー 4>>

コメント

Re: こんばんは

雪国もやし さん

> 寄生細菌さん、ありがとうございま~した。
> (*^^*)

ハイ、この程度でよければいつでもどうぞ。
大盛そばのお味の方は小口さんに聞いてくださいね~
  1. 2009/08/02(日) 23:42:18 |
  2. URL |
  3. 寄生細菌 #-
  4. [ 編集]

こんばんは

こんばんは。
い~ぃ香りにつられてお邪魔しましたv-7
特に2枚目のきのこのスープは、大好物も大好物v-10
焼きたてをハフハフ言いながら、割りいれて・・・美味しいですよねv-290

おなかv-212満腹になりましたので・・・これにて、おいとまいたします。

寄生細菌さん、ありがとうございま~した。
(*^^*)
  1. 2009/08/02(日) 19:54:22 |
  2. URL |
  3. 雪国もやし #/K0PA3HI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kiseisaikin.blog64.fc2.com/tb.php/825-d72c2a08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご注意:スパムTB排除のため、この記事の参照URLのない記事からのTBは受け付けておりません。ご了承願います。

プロフィール

掃溜め寄生細菌

Author:掃溜め寄生細菌
偶然に写真の世界に足を踏み入れ、たら、ぬ、抜けられない。じ、地獄に引きずり込まれて行くぅぅぅ・・・
********************
※掲載内容の転載や再利用に関しては、ご面倒でも連絡をお願いします。 著作権の放棄はしておりません。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


こちらもよろしく。にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ

最近のコメント

リンク

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:Blog??・・・LifeLogだな・2

メールフォーム

私信はこちらへお願いします。
返信ご希望の場合は「メール」欄に返信用のアドレスを正しく記載して頂ければ専用のメールアドレスから返信します。
メールを投函した事自体や、メール本文、アドレスなど個人情報が公開される事はありません。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。