写真にはまったオヤジのつぶやき

写真てこんなに面白いとは知らなかった。すっかりオヤジになってから入った不思議な世界。腕前はさておきオヤジだけに言うことだけはエラソウ。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

花菖蒲2008 その1

7日に東村山で友達と花菖蒲を撮っていた。
今回は少々悩んだが三脚無しの撮影に決めて、フィルムが入ったままのα-7は留守番とした。
布陣は、D200+272E、D70+VR70-300、K100D+(500mmF6.3ミラーまたは18-55)。
最も手ブレが心配なのは500mmだけど、K100Dは手ぶれ補正内臓ボディ。 使い込んできてだんだんクセもわかってきた。 今回は黒画用紙の筒を輪ゴムで留める紙フードとセット。 これは結構強力な武器になった。
今回はマクロのショットが満足行かない内容となった。 マクロ好きなのに。。。
何回かに分けてご紹介することにする。

【マクロ 1】

D200 / Tamron 272E / 絞り優先AE F3(開放) ISO200

【望遠 1】

D70 / VR70-300 / 300mm 絞り優先AE F5.6(開放) (-0.3EV) ISO400

【ミラー 1】

K100D / Kenko 500mm F6.3DX / 500mm マニュアル露出 F6.3 1/160"
友人曰く「500ミリ反射砲」。 うまいこと言うなぁ。 赤帯巻いた白玉にはとてもかなわないけど、味わいのあるボケがなかなかイイ。
宝くじが当たったらゴーヨンとかのバズーカ砲が欲しいもんだ。 いやその前にカチッとしたカーボン三脚だな。 いやその前にPCディスプレイだ。。。キリがない。orz


この日も殆ど順光の写真なし。 スタイルといえばスタイルだろうなぁ。 PLフィルタ、せっかく持っていったのに全く使わず。 水鏡では使うべきだったなぁ。

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/06/16(月) 20:44:19|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<花菖蒲2008 その2 | ホーム | 出張写真 札幌>>

コメント

実効F値表示

ycttim さん
これは以前に議論した件ですね。
そもそも「F値」は無限遠の被写体に対して定義されるので、その定義ならばExifに記録されるFも開放ならば272Eは2.8でなければなりません。
しかしながら、ニコンでは有限距離にある被写体に適用可能な「実効F値」を採用しているようです。
ステッパのレンズ設計をやっていた永田信一さんの本を改めて読んでみました。
撮影倍率をMとして、
 Fe=(1+M)F
Feを使うメリットして、被写体が無限遠でも有限距離でも、像の明るさはFeの2乗に反比例するので便利、、、
だそうです。 確かにフォーカスの近接限界ではカメラのF表示も5.6になってるから、実効F値を採用しているというのは間違いなさそうです。

どっちでもAEならば使う側では露出で困ることはないのですが、実効F値は確かに混乱します。
カメラを動作させる仕組みを作る方の都合では、実行F値に基いているほうが良いのかも知れません。 それは設計する側の考え方によるのでしょう。
大体マクロでは開放で撮るので最近は殆ど気にしなくなりました。
接写では深度との関係もF値よりも撮影距離の方がどんどん効いてくる感じだし。
  1. 2008/06/17(火) 22:40:59 |
  2. URL |
  3. 寄生細菌 #PSahtwF.
  4. [ 編集]

開放F値

【マクロ1】絞りF3(開放)

って、272Eは開放F値2.8でしょ?四捨五入かなとExif情報を見させて頂きました。
F3ですね。
繰り出し量に応じて変わるF値を記録しているのですね。ニコンのカメラはそうなるって言ってましたね。ファインダー内の表示も変わるんでしたね。

確かに、F値の定義は焦点位置無限遠の時が基準で、繰り出し量が増えると暗くなる方向ですが、私には開放F値の表示は変わらないほうが解りやすいです。撮影時に開放から何段絞ったかが、ニコン方式ではExifから読み取れない気がします。
  1. 2008/06/17(火) 16:36:05 |
  2. URL |
  3. ycttim #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kiseisaikin.blog64.fc2.com/tb.php/627-e258e1cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご注意:スパムTB排除のため、この記事の参照URLのない記事からのTBは受け付けておりません。ご了承願います。

プロフィール

掃溜め寄生細菌

Author:掃溜め寄生細菌
偶然に写真の世界に足を踏み入れ、たら、ぬ、抜けられない。じ、地獄に引きずり込まれて行くぅぅぅ・・・
********************
※掲載内容の転載や再利用に関しては、ご面倒でも連絡をお願いします。 著作権の放棄はしておりません。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


こちらもよろしく。にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ

最近のコメント

リンク

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:Blog??・・・LifeLogだな・2

メールフォーム

私信はこちらへお願いします。
返信ご希望の場合は「メール」欄に返信用のアドレスを正しく記載して頂ければ専用のメールアドレスから返信します。
メールを投函した事自体や、メール本文、アドレスなど個人情報が公開される事はありません。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。