写真にはまったオヤジのつぶやき

写真てこんなに面白いとは知らなかった。すっかりオヤジになってから入った不思議な世界。腕前はさておきオヤジだけに言うことだけはエラソウ。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

桜、去る。

もう東京は殆ど桜は開花状態がなくなった。 北へ去っていったのだ。
また来年、会える日を楽しみに待つしかない。

俳句写真二作目。
【二色に君の頬染む桜花】

D200 / Tamron 272E / 絞り優先AE F3 (+0.7EV)

閑話休題。
買ってしまった。 なぜか通販でしか売っていない。 Made in KOREA とある。 従って作りは悪くなさそうだ。 SAMSUNG と書いてあれば面白かったのに・・・何で面白いかには理由があるがそれは後で。



このレンズはマウントが直径42mm/ピッチ0.75mmのTマウント。 つまり、現在市場に出回っている全ての一眼レフカメラにアダプタを介して付けられる。
今回購入に当たっては、ボディ内手ブレ補正により、所有ボディでは最も効果的に使用可能なPENTAX K100Dに合わせてKマウントアダプタで注文。
各社のマウントには2000円程度の出費でアダプタを付け替えてやればよいのだ。
次は多分ニコンFマウントのアダプタをどこかで買ってくるのだろうなぁ。 D200ならAEが使える。その次はαマウント、その次はEFマウント。。。

K100Dにつけるとこんなものすごい状態になる。



PENTAXは現在SAMSUNGとデジタルカメラ共同開発をしている。 SAMSUNG(三星)は半導体(特にメモリ)を核に世界有数のメーカにのし上がった。 今度のK20DにはSAMSUNG製の14M画素のイメージセンサが搭載されているがそのパフォーマンスはかなりのものらしい。
と、言うわけで、このケンコー500mmがSAMSUNG製なら面白かったのになぁ。。。

さて、肝心の写りはこれからの評価だが、さっき部屋のカーテンを撮ってみた。

K100D / Kenko 500mm F6.3 DX / F6.3 1/30" ISO1600
これは手持ち撮影である。 K100Dの場合もフルサイズ換算でレンズ焦点距離は1.5倍になるので、750mm相当になる。 従って一般的にはシャッター速度は1/750”より速くないとブレのリスクが高くなる。 その1/25のシャッター速度でこの程度撮れてしまうのだ。 4段以上の改善効果があったことになる。

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/22(火) 00:01:01|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いい仕事 | ホーム | 佳日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kiseisaikin.blog64.fc2.com/tb.php/601-bddf8157
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご注意:スパムTB排除のため、この記事の参照URLのない記事からのTBは受け付けておりません。ご了承願います。

プロフィール

掃溜め寄生細菌

Author:掃溜め寄生細菌
偶然に写真の世界に足を踏み入れ、たら、ぬ、抜けられない。じ、地獄に引きずり込まれて行くぅぅぅ・・・
********************
※掲載内容の転載や再利用に関しては、ご面倒でも連絡をお願いします。 著作権の放棄はしておりません。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


こちらもよろしく。にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ

最近のコメント

リンク

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:Blog??・・・LifeLogだな・2

メールフォーム

私信はこちらへお願いします。
返信ご希望の場合は「メール」欄に返信用のアドレスを正しく記載して頂ければ専用のメールアドレスから返信します。
メールを投函した事自体や、メール本文、アドレスなど個人情報が公開される事はありません。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。