FC2ブログ

写真にはまったオヤジのつぶやき

写真てこんなに面白いとは知らなかった。すっかりオヤジになってから入った不思議な世界。腕前はさておきオヤジだけに言うことだけはエラソウ。。。

人のことは言えませんが・・・

持てない者のひがみなんだけどさ。

最近、ホーム寺には紫陽花見物と撮影に、うじゃうじゃと人がやってくる。
多くの場合、持っている機材を横目で見るとため息が出てくる。
機材がよければいい写真が撮れる訳ではないのは充分分っているが、それでも煩悩を刺激されることには違いないし、高価な機材にはその存在理由がある。特にレンズは直接写りに関わるものだから、やっぱり一番気になる。

観音の赤帯締めたやつなんか代表格だろうな。これは外観で一発で分る。観音も商売が上手い。遠目にも「お、Lレンズだ」と分る。
Lレンズは高級・高性能の代名詞。でかくて重くて高いが、それだけの価値があると一般に認められている。

煮昆では特に明確に分るような外観の違いはあまりないし名称からも区別はないが、大きさ重さ高さの三拍子そろったレンズは観音ほどではないが結構ある。

ミノルタ(コニカミノルタ、ソニー)にも描写性能第一優先のGレンズがある。

そんな機材を使う人というのはおそらく二種類に大別されるんだろうなぁ。
(1)表現上必要になるために金に糸目をつけずに購入する人。プロとかハイアマチュアとか言われる。アマチュアでも高い技術を持っていて、高性能な機材を使いこなすことが出来る。
(2)買うからには高級品でなければ気のすまない人々。ウデは関係なし。見栄が殆どで、外観で威圧するのが好き。

EOS-1VにEF16-35F2.8Lつけたお母さん、細菌オヤジも二年位前までは似たようなもんだったから言えた口じゃないけど、せめて撮影の時にその重いレンズは左手で支えたほうがいいよ。
せっかく28cmの驚異的近接撮影能力活かして紫陽花にぐっと寄ったのはいいけどきっとブレてるよ、一発必中で撮ってたみたいだけど。
ま、このようにして大変申し訳ないが他人の振り見て我が振り直す材料(=基本に忠実たれ)にさせていただく。マインドやセンスも大事なんだけど、せっかく撮った写真が意図に反していたら悲しいもんなぁ。
  1. 2006/06/18(日) 14:56:43|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<紫陽花の味わい | ホーム | バカヤロウ二題>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kiseisaikin.blog64.fc2.com/tb.php/60-1766d9db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご注意:スパムTB排除のため、この記事の参照URLのない記事からのTBは受け付けておりません。ご了承願います。

プロフィール

掃溜め寄生細菌

Author:掃溜め寄生細菌
偶然に写真の世界に足を踏み入れ、たら、ぬ、抜けられない。じ、地獄に引きずり込まれて行くぅぅぅ・・・
********************
※掲載内容の転載や再利用に関しては、ご面倒でも連絡をお願いします。 著作権の放棄はしておりません。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


こちらもよろしく。にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ

最近のコメント

リンク

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:Blog??・・・LifeLogだな・2

メールフォーム

私信はこちらへお願いします。
返信ご希望の場合は「メール」欄に返信用のアドレスを正しく記載して頂ければ専用のメールアドレスから返信します。
メールを投函した事自体や、メール本文、アドレスなど個人情報が公開される事はありません。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!