写真にはまったオヤジのつぶやき

写真てこんなに面白いとは知らなかった。すっかりオヤジになってから入った不思議な世界。腕前はさておきオヤジだけに言うことだけはエラソウ。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

機材ヲタの妄想

【この記事は字ばかりで大して面白くないと思いますのでもの好き以外の方は読まないほうがいいです】
キヤノンとニコンとソニーから、細菌オヤジの一般庶民的間隔から言えばアマチュア向けとしては高級機に属するカメラがほぼ同じ時期に発表された。
中級機とかハイアマチュア向けとか聞くが、プロを除けば自己満足のためのオモチャと言い切っても外れていないものが15万円とか20万円するのだ。 5台集めりゃ軽自動車なら買えるのだ。 どっちが役に立つかは言うまでもないが、クルマを自己満足のためのオモチャとして見るなら安いものかもしれないな。

写真は記事とは関係ありません)
DS2_4386.jpg


以下は「続き」・・・ 読む?? 字しかないよ。

キヤノンはかねてより(もう随分前から)噂のあった40Dとプロ用の1DsIIIが発表された。
40Dは既に販売されている。
ああ、なんかキヤノンて書きにくいなぁ。「ヤ」がでかいんだよね。でも読みは「きやのん」と読むと怒られるんだよ。「ヤ」と書いて「ャ」で読ませる。「オンキヨー」もそうだったかな。富士フイルム、シヤチハタもそうだな。
JUSCOは「じゃすこ」 シャディはそのまんま、、、、命名時には小さい文字を使わない何か制約があったのかもしれないが、今となっては趣味の世界のような気がする。 見た目のバランス的にはこれら企業ブランドや社名に関しては文字がでかい方がいい感じではあるな。

以降は表記しなれている観音(これはちゃんとした由来がある)、煮昆(これはオヤジが友達と勝手に命名して使用している)、素二位(これも根拠なしに今回勝手に命名)で書くことにする。 何でかって? 特に理由はありません。 「キヤノン」みたいなもんだな。

さて、観音はフィルムの中古EOS5QD(5Dにあらず)を持っているがデジタル一眼は持っていない。 今年、実家のババ用にPowerShotをプレゼントしたが自分で持っているわけではない。
一度、赤線の入った白観音を抱いて連図沼でプカプカしてみたいという気持ちはある。 そのためには観音ボディは必須だ。 観音の「目」は観音ボディにしかどうしても付けられないからだ。 それでも観音はレンズに関しては懐の深さがある。 世の中の相当多くのレンズをEOSボディにはアダプタを介して付けることができるのだ。 もちろん貧乏人の購買意欲を無理やり引き上げる赤線入りレンズなら「持っている」という優越感だけでも相当なもののはず。

40Dは30Dとは形は似ているが同じ位置付けにあるというだけで殆ど全て新設計だろう。
ファインダースクリーンが交換式。 これはヲタの心をくすぐるのだ。 ゴミ落としは誰にもありがたいが、視野率100%のライブビューはマクロ好きの老眼世代にはたまらない機能だ。
高い連写能力も魅力。 止まったものから動くものまで被写体を選ばない万能選手だ。
下手な鉄砲を数撃つことでまぐれショットを得ることができるので、花からセガレの運動会まで使える。

・・・・なーんてコトを妄想していたら、数日後に煮昆からD3とD300のこちらも二機種同時発表。 D3はある程度予想していたがD300は「へ?」状態だった。 D200XとかD200sが出るのかと思っていたら。。。 DXフォーマットのフラッグシップという位置付けでほぼ何でもありの仕様で出てきた。 40Dに比べたらかなりの価格差があるがさて中身はといえば、、、

なんとAF測距点は51点と激増。しかもただ増やしただけでなく中央15点はクロスタイプ。
こんなに沢山にするならもう少し全体に広げてくれれば個人的には大変うれしかったけどなぁ。 ファインダーも視野率100%はありがたいがどうせなら40Dのようにスクリーン交換できればなぁ。
液晶モニターのスペックが大変よくなって、ライブビューにも強力支援と見た。 しかもコントラストAFを備えた。 40Dではできるのに敢えて採用しなかったと思われる機能だが、有った方が便利に決まっている。 コンデジは全てこれなのだから。
一眼でライブビューを実現するにはイメージセンサがCCDでは熱によるSNR悪化でしんどかっただろうが、CMOSならその点は相当緩和されただろう。
ISO感度も大幅に拡大。 三脚無しで撮れる状況が多くなるのは喜ばしい。

電池の持ちがD70並に良くなったそうだ。 いつ充電したか忘れてしまうD70。 というかD200だけがとんでもなく大飯食らいなのだから「正常」になったのだろう。
さすが煮昆、畏るべし。
これは来春くらいにD300と同じイメージセンサと液晶モニタを組み込んだD200Xを出すかもしれないなぁ。

さて、予定通り発表された素二位α700。 αが世に出る前から、「7」はミノルタの特別な数字だった。
アタシも持っていた優れたエントリー機、宮崎美子がジーパン脱ぐCMの(だから買ったんだ)X-7をはじめ、旧マウント時代の名機は皆「7」を付けている。
AF機能を実現するためにαマウントになってからも「7」は特別な扱いだった。フィルム機の最後に残ったうちの2機種はα-7とα-70。

アタシ(細菌オヤジ)の現在のフィルム主力機はこのα-7。 非常に使いやすい、かつユニーク機能豊富なカメラだ。 もっとレンズをおごりたいがαの純正レンズは結構高い。
Gレンズともなれば観音の赤帯レンズと肩を並べる性能と価格だ。 素二位が引き継いで主力レンズを継続してくれているにも拘らず中古市場でもミノルタの「いい」レンズは高価だ。
D200に手ぶれ補正が付いて高画質モニタとCMOSセンサになったという感じのスペックで(ん?D200Xか?)予想実売価格18万円はリーズナブルといえるだろう。
何と言ってもαには魅力的なレンズが多い。 カールツァイスのAFレンズなんてαにしかない。 あ、α700にはHDMI端子があるぞ。 これは結構ポイント高いかも知らん。 ついでを言えばD300にもある。 新しいブラビアには静止画を美しく表示するモードも備えられたそうだから、写真の楽しみ方が相当違ってくるだろうなぁ。

で、だ。 結論:全部ほしい。 金はない。 さてどうしたものか。。。。
  1. 2007/09/30(日) 12:11:56|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<雨の日曜日 | ホーム | MB換装>>

コメント

ずぶずぶごぼごぼ・・・

【亀羅村のある日の出来事】

「おとう、おとう!」
「なんじゃ、どうした? 大声で」
「観音淵で、観音淵で、、」
「か、観音淵? またおまえ連図沼覗きに行ったのか?」
「わ、ycttimさんがぁ・・・」
「ま、またか? 今度はどうした?」
「こないだ見たときはぷかぷか浮いとったのに、今日は、今日は、、、」
「今日は?」
「今日は足しか見えんのじゃぁ!」
「なんと、頭を入れてしまったのか?」
「時々息をしに顔を上げるっちゅう噂じゃ」
「ははぁ、それは白観音様が引っ張っておるんじゃろのう。 して、苦しそうだったか?」
「泣いたり笑ったりしとるそうじゃ」
「観音様に取り憑かれてしもうたんじゃなぁ。。。」
「取り憑く? 観音様は民を救うんじゃろう?」
「そういうことになっとるがのう、世の中そう甘くはないんじゃ。」
「救ってはくれんのか?」
「救われるかどうかはその人しか分からんことじゃ。 救われたと思えば信じる。 信じるから救われた気になる。 他人から見たらばかげたことでもの。。。」
「頭が痛くなるようなことを言わんでくれんか。」
「観音様は誘うんじゃ。こっちにくれば極楽浄土じゃ、ってのう」
「でも本当は違うということか?」
「その人にとっては本当じゃ。 煮昆講とて同じじゃ。 信じるものは救われるんじゃ。」
「なんだかよう分からんのう」
「分からんでいいんじゃ。 分からん方がの。。。」
「ふぅ~~ん、おとうは分かっちょる様な言い方じゃな」
「この年になればの、色々あるものよ。。。」
「しっくり来んのう・・・・で、おとう見に行かんのか、友達じゃろ?」
「桑原桑原・・・わが身大事じゃ」
「・・・そういうもんかのう。。。」
「そういうもんじゃ」
「よう分からんのう」
「いいんじゃ、分からん方が、分からん方が・・・」
「???誰に言っとるんじゃ? おとう、おとう、どこさ行くだ?」
「一人にしてくれんか・・・」

こんな日常が亀羅村では今日も繰り返されているのだった。
  1. 2007/10/01(月) 21:45:54 |
  2. URL |
  3. 寄生細菌 #PSahtwF.
  4. [ 編集]

デジタル時代の機材って

ボディは、消耗品のようになってきてると感じます。数年前の無意味にクロック数を競い合ったパソコンの状況によく似てる。
ボディの買換えというのは、銀塩カメラでは、フィルムの銘柄ごと買い換えるような感じになるでしょうか。デジカメは、ボディに特定の銘柄のフィルムが内蔵されてるようなものですから。

ボディのメーカは一つに絞って、レンズを充実させることに注力することにするんだ!!と自らに言い聞かせてますが、やはり他社新製品は気になります。

レンズも妄想の対象になりませんか?
観音使いとして、今年、苦心惨憺の末、始めて念願の赤帯レンズを一本手に入れました。
ダメです。ヤバイです。ファインダーに写る像が違うと感じる。写真の色乗りが違う。ピントが違う。ボケが違う・・・・他のレンズも赤帯に入れ替えたいという願望が頭から離れないという感じです。
まさに観音様の思うつぼ。レンズ沼に填りかけてるという所です。

資金調達手段は、今のところ宝くじに頼るのと、細々と続けるレンズ貯金。そして、ごく稀に給与振り込みとは別枠で貰える、提案とか特許にかかわる報奨金なんていうところですが、それも最近は先細り気味。
  1. 2007/10/01(月) 13:18:32 |
  2. URL |
  3. ycttim #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kiseisaikin.blog64.fc2.com/tb.php/500-d61e5d92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご注意:スパムTB排除のため、この記事の参照URLのない記事からのTBは受け付けておりません。ご了承願います。

プロフィール

掃溜め寄生細菌

Author:掃溜め寄生細菌
偶然に写真の世界に足を踏み入れ、たら、ぬ、抜けられない。じ、地獄に引きずり込まれて行くぅぅぅ・・・
********************
※掲載内容の転載や再利用に関しては、ご面倒でも連絡をお願いします。 著作権の放棄はしておりません。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


こちらもよろしく。にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ

最近のコメント

リンク

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:Blog??・・・LifeLogだな・2

メールフォーム

私信はこちらへお願いします。
返信ご希望の場合は「メール」欄に返信用のアドレスを正しく記載して頂ければ専用のメールアドレスから返信します。
メールを投函した事自体や、メール本文、アドレスなど個人情報が公開される事はありません。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。