FC2ブログ

写真にはまったオヤジのつぶやき

写真てこんなに面白いとは知らなかった。すっかりオヤジになってから入った不思議な世界。腕前はさておきオヤジだけに言うことだけはエラソウ。。。

倉本聡のすごいところ

突然だが倉本聡。
悲別と書いてかなしべつと読ませる。悲別駅ホーム

古い写真で恐縮。廃線になる直前の上砂川支線の姿なのだ。
未整理のネガがごっそり出てきてしまい、途方にくれつつスキャンを開始した最初のフィルムにこいつが写っていたのだ。

悲しい別れ:直球だなぁ。
倉本聡が富良野に移り住んでから書いたTVドラマ「昨日、悲別から」は上砂川町を舞台にしていたそうだ。知ってはいたが見たことはないんだな、実は。このドラマをやってる頃は放送時間には帰宅していないと思う。猛烈に残業していた頃だ。
ちなみに、「ひがしうずら」は当時実在した駅だよ。

で、なんで倉本聡がすごいかというと、、、この直球の「悲別」の語感だ。
道産子である細菌オヤジにとっても全く違和感がない。つまり、ホントウにありそうな感じがする地名の語感なのさ。
この舞台になった上砂川町からそれほど離れていないところに芦別市がある。同じく炭鉱の町だ。芦別の語源はアイヌ語の地名の音訳で、「hash pet」(潅木の中を流れる川)。
この二つを(日本語)ローマ字表記してみる。
芦別:ashibetsu
悲別:kanashibetsu
頭に「kan」が付いただけだ。仮に「kan hash pet」を語源としてみると、この位置に付くようなアイヌ語で直接該当するものはないだろうと思うけれども、似たような語(ないし組み合わせ)は多分ある。 「ka an」とか「kar」とか。 ありそうな語感なんだな、やっぱり。
それに加え、「上芦別」とか「上士別」なんて似た地名もあるしな。早口で言うとなんとなく「かなしべつ」に似てるぞ。
う、寒い。やめとこう。

鉄道ファンのために(?)サービスカットをもう2枚。これは「さよなら上砂号」キハ40-710、一両編成のワンマン気動車。
バックにまだ雪の残る上砂川スキー場や立坑のエレベータが見える。
キハ40-710上砂川(1)

キハ40-710上砂川(2)

倉本聡の発想に感服しつつ、くだらないバリエーションを思いついてしまうなぁ。
「辛子別」(からしべつ)とか「楽別」(たのしべつ)なんてありそうな気がしてくる。
ホントに寒くなってきたので、おしまい。
  1. 2006/05/21(日) 23:49:39|
  2. 道産子だよ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<穏やかな日々 | ホーム | 春の山菜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kiseisaikin.blog64.fc2.com/tb.php/42-0c03f061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご注意:スパムTB排除のため、この記事の参照URLのない記事からのTBは受け付けておりません。ご了承願います。

プロフィール

掃溜め寄生細菌

Author:掃溜め寄生細菌
偶然に写真の世界に足を踏み入れ、たら、ぬ、抜けられない。じ、地獄に引きずり込まれて行くぅぅぅ・・・
********************
※掲載内容の転載や再利用に関しては、ご面倒でも連絡をお願いします。 著作権の放棄はしておりません。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


こちらもよろしく。にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ

最近のコメント

リンク

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:Blog??・・・LifeLogだな・2

メールフォーム

私信はこちらへお願いします。
返信ご希望の場合は「メール」欄に返信用のアドレスを正しく記載して頂ければ専用のメールアドレスから返信します。
メールを投函した事自体や、メール本文、アドレスなど個人情報が公開される事はありません。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!