FC2ブログ

写真にはまったオヤジのつぶやき

写真てこんなに面白いとは知らなかった。すっかりオヤジになってから入った不思議な世界。腕前はさておきオヤジだけに言うことだけはエラソウ。。。

春の山菜

昨日いきなり、ほぼ何の脈絡もなく秋の山菜の話題を出してしまった。実はそれは布石なんだよ。今日のこの話題が「本論」さ。

春はタケノコ。やうやう青くなりゆく。って昔から言うべ?
ん?ちがったか?
春の山菜採り、特にタケノコは時間との勝負でもあるんだな。「敵」がやたらに多いからさ。スタートは早朝。朝飯の弁当を持って出陣し、昼には事実上終了するさ。
非常に姑息だが厳しい勝負の世界がそこにはあるんだわ。(何をカッコつけてんだか・・・と言うなよな。現実の世界は厳しいんだってば。うっかりしていたらかっぱらわれるんだから。)
第一ラウンドを終え収穫状況を確認してまずまずであっても喜んで大声など出したら駄目さ。誰が聞いているか分らんべや。見っけたときも喜びのあまり「おおお、あったあったぞ」とか言ってもダメ。帰路の車の中で喜びをかみしめるまで我慢するのよ。

「敵」が状況確認に来てもしらんぷりこく。
「あるかい?」 「いやー、小さいのばっかしさぁ」とほんとに小さいのだけ見せる。オオモノは袋の奥底にきまってるべや。
「そっかい、いやいやこっちもさっぱりだめさ、場所変えるかなぁ」などといいながらまた藪に消えていくけど、ちゃんとチェックされているんだ。
「袋が結構膨らんでるべや、あんにゃろめ」とかな。
当然こちらも同様のチェックをする。結構重たそうじゃねぇか、などと。
狐と狸の化かし合いだ。なんともセコイわ。情けない。
だけどな、そうしないと自分のポイントを守れないのさ。そんなにまでして山菜は食いたいのよ。美味いんだから。
もちろん勝手に探し当ててくる分には文句は言えないよ。そこは公有の場所だからな。国有林とか道有林。
でもわざわざ教えないさ。いいものはやはり少ないもの。
そして皆自分で自分のポイントを見つけ出すのさ。
これは秋の山菜の代表のキノコも同じ。内地だってマツタケなんて絶対にある場所を教えないべ?。

夜明けとともに行動開始。6時には現着していたい。
細菌オヤジの行動パターンは大体決まっていた。
事故や遭難のリスク軽減のために複数(実家の家族である)で出かけるが、現地では1ラウンド30分から1時間程度で単独で採取して集合場所に戻るようにしていたな。採れればそのくらいの時間で持ち歩くのが困難な量になってしまうのさ。
根曲がり竹の藪をはいつくばって進むのは大変なことだよ。
1m先にあってもそこに行くのに10秒以上掛かるような時もあるしな。
連絡用に免許不要のトランシーバーが役立つ時がある。最近はケータイも道路があれば山の中まで使えることがあるので、あればもって出かける方がいいと思うわ。不感地だとバッテリーは消耗するが行動する時間はたかが知れているべ。

タケノコが出るのは地面だ。当たり前だってか。だけども同じ地面にはウドやフキも出るんだよ。ワラビやコゴミも出る。見つかったら即ゲットよ。
そして時々上を見るように心がける。タラの芽があるぞ。

タケノコ採りの醍醐味は「芋づる式」に採れることだな。一本見つけたとするべさ。右手で掴んだら周囲50cmを見渡す。左手のある場所を見渡す。右足のある場所を見渡す。左足のある場所を見渡す。ついでに今時分が通ってきたところを見渡す。
大概は数本見つかるもんなんだ。

下の写真はそんな風にして収穫した1995年の春の山菜。
この年は実りが豊かだった。19950527-002s.jpg
帰りがけにフキのポイントでも大収穫があり、クルマのトランク一杯になったさ。三人で正味6時間ほどだ。 奥に見えているのがタケノコ。これ食ったら孟宗竹なんかしばらく食いたくなくなるぞ。

トランクから出すとこのくらいの量だったさ。 フキの入っているのが10kgの米袋。結構な量だべ?
クルマのトランクの大きさの宣伝でないけど、セダンでも結構入るものだな。
19950527-009cs.jpg


山菜採りに行きたいなぁ。。。。


  1. 2006/05/20(土) 19:54:30|
  2. 道産子だよ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<倉本聡のすごいところ | ホーム | コクワ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kiseisaikin.blog64.fc2.com/tb.php/40-542d015f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご注意:スパムTB排除のため、この記事の参照URLのない記事からのTBは受け付けておりません。ご了承願います。

プロフィール

掃溜め寄生細菌

Author:掃溜め寄生細菌
偶然に写真の世界に足を踏み入れ、たら、ぬ、抜けられない。じ、地獄に引きずり込まれて行くぅぅぅ・・・
********************
※掲載内容の転載や再利用に関しては、ご面倒でも連絡をお願いします。 著作権の放棄はしておりません。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


こちらもよろしく。にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ

最近のコメント

リンク

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:Blog??・・・LifeLogだな・2

メールフォーム

私信はこちらへお願いします。
返信ご希望の場合は「メール」欄に返信用のアドレスを正しく記載して頂ければ専用のメールアドレスから返信します。
メールを投函した事自体や、メール本文、アドレスなど個人情報が公開される事はありません。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!