写真にはまったオヤジのつぶやき

写真てこんなに面白いとは知らなかった。すっかりオヤジになってから入った不思議な世界。腕前はさておきオヤジだけに言うことだけはエラソウ。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10年選手再び

絶縁不良箇所を補修した10年選手CRT、ご機嫌は長く続かなかった。2日ほどでぶり返しが来て、さらに別の症状が加わってきたのだ。
治療が不適切で別の故障を呼んだか、原因の見込み違いでたまたま一時的に良くなっただけなのかは分からないが、ぶり返し後は症状が進行ないし増加したことは間違いなかった。
一応叩けばまだ復旧はするが、叩き方はかなりのワザが必要になってしまった。

これをやって駄目なら買い替えを真剣に考えなければならない、ということをやらねばならなくなった。
それは上手に叩くことに比べれば多少はエンジニアらしい処置に見えるだろう。 半田の当たり直しだ。

この前の処置の時に、最後はこれかなぁと思うに至る状況は実はあった。 風穴の開いたシールドケースに固定されたドライブ基板が思いのほか反っていたのだ。
反る理由は↓これ↓。
P4110688s.jpg
これは外装ケースの内側の写真。二つの黒いのはケース内側に貼られたスポンジで、これでシールドケースの左右をチューブのケツにしっかりと押し付けるようになっている。
そのシールドケースは↓これ↓。
P4110689cs.jpg
放熱のために穴だらけであるのが良く分かるが、当然機械的な剛性は低くなってしまう。 押されれば弾性変形しやすい。

10年間、熱と応力にさらされて半田クラックが発生した可能性は否定できない。 片面基板で表面実装品はなし。 当然スルーホールもないわけで、半田付けの信頼性はあまり高いとはいえないからだ。 見れば1.8mmピッチくらいの30ピンDIPのLSIもある。 これでちゃんと10年持つのだから、なかなか上手い実装設計と言わざるを得ない。3回の引越しにも耐えている。そのうち1回は北海道から東京への長距離だ。
原価と信頼性のきわどいバランスで成立する世界で、ベストセラーになる機器はさすがにそこが良く出来ている。
P4110690s.jpg
向かって左側がチューブドライブ系、右側が制御系。ビームをHとVにスキャンする大パワー系は筐体の底の部分だろう。

白く光っている点が半田付け部分。これらに半田ゴテを当て、半田付けをし直す。
生産の時には当然のことながらほとんどの部品は実装して半田槽にちゃぷんとやるのだが、今回は半田ゴテでちまちまやろうというわけだ。 全部やってもいいのだが、さすがに数が多いので影響の出そうな能動部品を中心に実施。

処置後シールドケースをかぶせ外装ケースを取り付けてPCに接続して状況を確認すると、どうやら症状は改善したようだ。
先日も2日間は快調だったから予断を許さないが、さてどうだろうか。。。。

FC2ブログランキングc_03.gif
ブログ村ランキングにほんブログ村 写真ブログへ


テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2007/04/12(木) 22:58:41|
  2. PCに関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<一年生になったら | ホーム | 一歩>>

コメント

ムーミンさんへ(続き)

書き忘れです。
今朝まではCRT、絶好調です。
さていつまで持つかなぁ。。。
  1. 2007/04/13(金) 07:11:06 |
  2. URL |
  3. 寄生細菌 #PSahtwF.
  4. [ 編集]

ムーミンさんへ

おはようございます。
今は殆ど液晶パネルになってしまいましたから、こういう形の実装はまずお目にかかれないですね。
原理からまったく違いますのでCRTと共通に使われる部品も殆どありません。
残っている一部のCRTでも使う部品は変わっている可能性は充分あります。

高精細になるほど信号の配線長を短くしなければならなくなる宿命があるのでPC用のディスプレイはこういう実装方法をとらざるを得なくなります。
アナログのテレビ放送だとブラウン管のお尻にこんなものをつけることまでしなくても事足りたのですが。
  1. 2007/04/13(金) 07:05:58 |
  2. URL |
  3. 寄生細菌 #PSahtwF.
  4. [ 編集]

バラバラ状態(◎-◎;)!!

エンジニアさんは素晴らしいですね。
自分で修理出来るのですからすごいわ。
10年前はこんな半田付けだったのですね。
時代を感じます。
果たしてその後の経過は(。・_・?)ハテ?
  1. 2007/04/12(木) 23:45:23 |
  2. URL |
  3. ムーミン #gtpH6IpY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kiseisaikin.blog64.fc2.com/tb.php/363-1c6aefb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご注意:スパムTB排除のため、この記事の参照URLのない記事からのTBは受け付けておりません。ご了承願います。

プロフィール

掃溜め寄生細菌

Author:掃溜め寄生細菌
偶然に写真の世界に足を踏み入れ、たら、ぬ、抜けられない。じ、地獄に引きずり込まれて行くぅぅぅ・・・
********************
※掲載内容の転載や再利用に関しては、ご面倒でも連絡をお願いします。 著作権の放棄はしておりません。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


こちらもよろしく。にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ

最近のコメント

リンク

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:Blog??・・・LifeLogだな・2

メールフォーム

私信はこちらへお願いします。
返信ご希望の場合は「メール」欄に返信用のアドレスを正しく記載して頂ければ専用のメールアドレスから返信します。
メールを投函した事自体や、メール本文、アドレスなど個人情報が公開される事はありません。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。