写真にはまったオヤジのつぶやき

写真てこんなに面白いとは知らなかった。すっかりオヤジになってから入った不思議な世界。腕前はさておきオヤジだけに言うことだけはエラソウ。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

闇夜の鳩:トホホ撮影フィルムの救出大作戦

ISO100のフィルムが僅かな邪魔者のためにISO1600だとカメラが思ってしまった事を3月6日の記事に書いた。
ごみか何か分らないが、フィルムのパトローネとカメラのセンサーの間に入ってしまったのだろう。
DXコード読み取りセンサー端子

6個の光る金属がDXコードの読み取り端子。
これはα-7ではなくEOS5QDのもの。 α-7はこれが2列あって12ビット全部を読み取れる端子は付いている。どこまで読んでいるか知らないが、少なくともフィルムコマ数まではちゃんと認識している。
DXコードについてはここで分りやすく解説されている。

大部分が真っ黒けにしか見えないフィルムをNikonフィルムスキャナ COOLSCAN V ED でいつものようにスリーブのまま読み取ろうとしてもコマ間が区別できないらしく、TWAINで動かしているとハングアップ、単独アプリで動かしているとエラーで強制終了となってしまう。(これはずいぶん前からあって、まさかフィルムの状態に依存するとは思わなかったが今回いろいろやって明らかになった) 何とかしてくれよ、Nikonさん。

せめて気の利いたエラーメッセージを出して終わってくれないものか。 いかにも機器異常の様な間の抜けたメッセージ出してハングアップするなんて許せんよ。アタシに言わせりゃこりゃバグの範疇だ。「コマンドインターフェースの異常」って何だよ?!
最後のソフト更新からずいぶん経つし、新製品も今後ないだろうし、おそらくもう対応する気はないだろうし、NikonのサポートはいまだにFAXでしか受け付けてくれないし。
画面を手でハードコピーとらせる(=書き取る)ような事を平気でやらせるからなぁ。 非常に手間と時間がかかる石器時代のようなユーザーインターフェースしか持っていない。
百聞は一見に如かず、なんだがね。 NC4のバグを指摘して理解させるのにどんなに大変だったか・・・・。 幸い次の更新で修正されたがもう二度とやりたくない。

脱線しちゃった。
とにかく、スリーブではまともにスキャンできない状態だし、1万円の古い観音フラットベッドスキャナではまるで能力足りないのは目に見えてるし、仕方がないのでマウント化することにした。
幸い、コニカミノルタブランドのプラスチックマウントが手元にあったので活用。 汚れないように手袋をはめ、気をつけながら鋏でちょっきん、マウントにぱっちん、、、の繰り返し。
慣れてくると結構すばやくできるが36コマ分はさすがに少々時間がかかった。
DS2_0964ss.jpg
出来上がりはこんな感じね。 これを一枚ずつスキャナに読み込ませる。 マウントに対してはオートローディングがない機種なので完全に手作業。 ま、しょうがない。 フォーカスもアナログゲインも一枚ずつ調整しながら最大限に明るく読み取る。

<「続き」の前に・・・>
FC2ブログランキングc_03.gif
ブログ村ランキングにほんブログ村 写真ブログへ



つづきは↓こちら↓から

さて、今回サンプルを使って救出大作戦の様子を紹介。
闇夜の鳩くらいになってしまったあるコマには我が家のマイクロ庭園の梅を3月3日の昼頃撮影したものが写っている。。。。はず。
Kodak Elte Chrome Extra Color
DSC_0003s.jpg

撮影条件は、
α-7 / Sigma 70-300mmF4-5.6APO DG MACRO / 300mm 絞り優先AE F11 1/800"(+0.7EV)
・・・本来なら 1/50" でなければならない。

スキャナの自動露出を解除して「生」の状態で取り込んだイメージはこれ。このコマはまだいいほうだ。
Sample004-org-s.jpg


スキャナを自動露出・手動調整で取り込むとこのくらいにはなった。 中央の花弁はかなり飛んでしまったが、多少はしかたがないだろう。
Sample004-scan-adjust-as.jpg


ここからは殆どレタッチの領域。 感度を上げる事で盛大に目立つようになる雑音を排除し、トーンカーブを調整し、カラーバランスを整え、、、

このくらいまではものにもよるがアタシでも救済できそうだ。 こういうときはSILKYPIXが心強い味方。花弁の白飛びもそこそこ救済してくれる。
画像はZorgへのリンクになっていて、大きなサイズで見ることができる。
結果その1 SILKYPIX DS3 (記憶色2)



結果その2 SILKYPIX DS3 (記憶色1)



結果その3 Photo Shop Elements 5

相当上手くやらないとメタメタになりそうな感じ。ノイズ低減のフィルタは扱いやすく効きもいいのでよく使う。
トーンカーブを細かくいじれるとイイのだが。。。。

別のサンプル:SILKYPIX DS3 (記憶色2)

α-7 / Sigma 70-300mmF4-5.6APO DG MACRO / 200mm 絞り優先AE F8 1/500"(-0.3EV)

ここまで持ってくるのでさえ、相当な労力。 それでも満足とはいいがたい状況だ。
ちょっとの注意でこんな無駄な時間を省けるのに。。。。

という事で、Elite Chrome のテイストがどんなんだか今のところ分らない。 明日現像に出そうと思っている「ISO100」でちゃんと撮影(?)した二本目の結果次第。

テーマ:★フォトレタッチ&画像処理 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/11(日) 16:25:18|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8
<<不二家 | ホーム | 春、また一歩近づく Part2 自宅庭>>

コメント

匠さんへ

コメントありがとうございます。
実は事はそう単純ではない事が分っちゃいました。
勘違いをしていたのです。
詳しくは3月16日の記事
http://kiseisaikin.blog64.fc2.com/blog-entry-342.html
をご覧いただければ幸甚です。
  1. 2007/03/16(金) 21:51:22 |
  2. URL |
  3. 寄生細菌 #PSahtwF.
  4. [ 編集]

こんにちは

ゴミ1つで、ISO100が1600と認識されて
しまうのですか・・ ううむ、それは怖いです。
4段アンダー・・ シャッター速度は、動体の
撮影以外ではあまり気にしないこともあるから
下手すると気付きにくいかもしれませんね。

で、圧巻は4段アンダー露出からの救済です、
お疲れさまでした、お見事です。
  1. 2007/03/16(金) 13:04:44 |
  2. URL |
  3. P_chan(匠) #vF6dOJDI
  4. [ 編集]

れ:れ:れ:

ycttimさん
クラシック亀ヲタ道まっしぐら?
ちょっと手が出せそうにないなあ。
目がチカチカしませんか?。
  1. 2007/03/13(火) 07:52:50 |
  2. URL |
  3. 寄生細菌 #-
  4. [ 編集]

リプライのリプライ

寄生細菌さん
 レスありがとうございます
>ペンタ君の作業は進んでますか?
 SPFのレストアですが、やっとミラーボックスを外して、スローガバナーユニットとセルフタイマーユニットを清掃・給油できるところまでたどり着きました。ネジが固着して回らなかったりすると、時間をかけた慎重な作業になるので思わぬ時間がかかります。
(土曜日の段階までは、拙ブログに載せました)

後でEOS630の接点、写真に撮って掲載してみます。EOS1000QDも子供から回収して調べてみます。
  1. 2007/03/12(月) 12:10:13 |
  2. URL |
  3. ycttim #-
  4. [ 編集]

Re:これは・・・すごい

こんばんは、ycttimさん
ペンタ君の作業は進んでますか?

今回のサンプルは、比較的ましな素材です。
被写体によってはどうだか、、、、でも思いのほか何とかなるようです。
スキャナがマルチスキャン機能を持っていればもっといい結果かもしれません。 コニカミノルタのスキャナだとリーズナブルな価格でそれができたんですけどね。。。。ないものねだりになってしまいます。
そういえば以前BMPファイル用にアベレージャを作った事を思い出しました。 手間とPCリソース消費に見合った効果があの時はなかったんですが、スキャナが変われば違うかなぁ。。。。

EOS630は金メッキ? そりゃ豪奢な。。。。しかも面接触とな。 こだわれる時代だったのかなぁ。

α-7もEOS5と同じようにクロムめっき風でしたね。 形状も半球形だったように思いますが、もうフィルム入れちゃったんで未確認。
少なくとも金メッキなどという高級仕様ではないです。
  1. 2007/03/12(月) 01:26:57 |
  2. URL |
  3. 寄生細菌 #PSahtwF.
  4. [ 編集]

Re:お疲れ様でした。

小口写真事務所さん

まさに底力、ですね。
多少荒れはでてくるものの増感現像に近い雰囲気かと思います。
でも、えらく手間がかかりますんでやらないに越した事はありませんよね。
  1. 2007/03/12(月) 00:48:26 |
  2. URL |
  3. 寄生細菌 #PSahtwF.
  4. [ 編集]

これは・・・すごい

 ここまで救済できるとはフィルムとデジタル化のコラボレート作業の底知れぬ可能性ですね。

ところで、EOS5QDのDXコード読み取り端子の写真を見て、自分の思っていた印象と余りに違うので、大急ぎでEOS630QDの裏蓋を開けて確認しました。
 やはり大きな相違点が2つありました。
 一つは、EOS630では端子は金メッキされている。
 二つ目は、端子の形状で、EOS5では単純な半球型ですが、EOS630では半球の頂点を逆に潰した形になっていて、パトローネとの接触は点ではなく面で行える形状になってます。

 コストダウン設計を行ったのでしょうね。今回の超アンダーを生み出したα-7の端子は、金メッキでしょうか。
  1. 2007/03/12(月) 00:00:57 |
  2. URL |
  3. ycttim #-
  4. [ 編集]

お疲れさまでした。

銀塩の底力!
でしょうか?
デジカメでは、絶対に救済できません。
  1. 2007/03/11(日) 20:35:20 |
  2. URL |
  3. 小口写真事務所 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kiseisaikin.blog64.fc2.com/tb.php/339-e89ba1c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご注意:スパムTB排除のため、この記事の参照URLのない記事からのTBは受け付けておりません。ご了承願います。

DXコード読み取り端子(EOS630)

DXコードというのは、35㎜とAPSフィルムのパトローネの特定の部分の塗装を行わず電気的な絶縁のない状態を作り、カメラに装填された時に、フィルム室の端子がパターンを読み取って、フィルムの感度や枚数をカメラにセットすることができるようにしたコードのこと。 ダイソ
  1. 2007/03/13(火) 00:43:13 |
  2. Blog??・・・Life Logだな

プロフィール

掃溜め寄生細菌

Author:掃溜め寄生細菌
偶然に写真の世界に足を踏み入れ、たら、ぬ、抜けられない。じ、地獄に引きずり込まれて行くぅぅぅ・・・
********************
※掲載内容の転載や再利用に関しては、ご面倒でも連絡をお願いします。 著作権の放棄はしておりません。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


こちらもよろしく。にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ

最近のコメント

リンク

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:Blog??・・・LifeLogだな・2

メールフォーム

私信はこちらへお願いします。
返信ご希望の場合は「メール」欄に返信用のアドレスを正しく記載して頂ければ専用のメールアドレスから返信します。
メールを投函した事自体や、メール本文、アドレスなど個人情報が公開される事はありません。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。