写真にはまったオヤジのつぶやき

写真てこんなに面白いとは知らなかった。すっかりオヤジになってから入った不思議な世界。腕前はさておきオヤジだけに言うことだけはエラソウ。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

撮影機材ほろ苦バナシ

自らの所得がそのまま懐に入らない身分になってからというもの、買い物は慎重になったのであります。
ここ数年は店頭でブツを散々チェックした後、通販で一番安いところから買う、ないしは通販に負けたくないお店で「通販で××円だった」と言って値切って買うことにしてます。 なんかお店の人に悪いような気もするのですが、慣れというのは恐ろしいもので、何の後ろめたさも感じなくなりました。

カメラ機材はオトーサンの財布には厳しいものが多くって、当然のことながら念入りに購入をしてきたわけです。
もちろん、メモリーカードとか「人柱上等!」みたいに遊んでみることはしますが、それは高額ではないからで。。。
出張などでお供させられる物量に限りがあるときには標準ズームを持っていくんですが、もともと長玉が好きなもんだから、常に物足りなさを感じてしまうしょうもないオヤジです。

で、以前から一本持っておきたいよなぁ、と思っていた高倍率ズーム。 こんなレンズが出ちゃったんで、魔が差したというか、現物を見もせず(もちろん触れもせず)、通販ポチしちゃったんですな、これが。 主義に反して。
殺し文句がね、色々ありましてですね、、、。
・蛍石と同等性能の硝材FLDを使用、高画質化した
・小型軽量に加え超音波モータ駆動AF
・シャッター速度4段分の補正効果があるOS
・円形絞り
とかのキーワードがオヤジの購買欲の炎に油を注いだんですな。

小さいですよ。と言うか、短いですよ、ワイド端が。 ニコン16-85VRと比べてもほら、、、

立派なもんですよ。 長年こだわって、競って、やってきているだけあります。

画質もいい硝材を使っているし、コーティングも今様にきちんと施されているし。
ワイド端では、1段絞ってこんな感じ。


テレ端でも、開放でこんな感じ。


画質的にはこの手のレンズとしては必要充分だと思ってるわけです。 画質に関しては、ね。
そう、画質に関してだけは、と言った方がいいかも知れません。

実は、上の二枚の写真はボディはD7000でしたが、実にまぐれの如く撮れたのです。 
ものすごく打率が低かったんですよ。
手ぶれ補正(OS)の効きが殆ど感じられないし、AFの収束も芳しくなく、なかなか安定しませんでした。

手ぶれ補正レンズは3本持っていて、このレンズの焦点域は初めてではありません。

「撮れる」

と分かっていて撮ってるつもり。 ところが帰宅してPCで見たら、笑っちゃうくらいの打率の低さ。
AF微調整とかボディ側でできることは色々やってみたんですが、ダメ。
「変だ」 ということで、いったんメーカーに送り返して点検してもらいましたが、「異常なし」だと、、、。
退院後にも単調なテストもあって数百ショット撮って見て、確信。

何を確信したかと言うと、まぁ一言で言えば
「相性悪い」
てとこでしょうかね。

OS、さっぱり効かんな、と思っていたんですが、ちゃんと4段分くらいはイケてました。
が、応答速度が遅い。。。

小型軽量で広角から望遠まで使えて、とあらば、小ぶりのボディに付けて持ち歩くのにイイと誰だって思いますわな。(まさかワタクシだけ? な訳ないと思います)
だから、被写体を見つけたら、チャッと構えてピピッ・カシャカシャッ、と撮りたいわけですよ。もちろん手持ちでね。
別に小型軽量でないレンズでも普段からそうやって殆ど三脚を使わずに撮っていますので、しかるべく作られたレンズであれば、期待に応えてくれると信じていたわけです。
少なくとも今まで使ってきているレンズはそのように使うことができました。

しかし、、、最新設計のレンズに、まさか半押しからOS収束まで秒単位の時間を要求されるとは思っていませんでした。
結局、殆ど使い込まぬまま手放すことにしました。
・・・で、代わりにこんなのを・・・

ビョーキですわ、こりゃ。。。
このレンズはタムロン60周年記念モデルで、プロの評価も高い定評のあるレンズです。
最初から何でこれにしないかって?  まぁ、いいじゃないの、幸せならば。。。(意味分からんですね)

そんなことでちょっと盛り下がっていたところに追い討ちを掛ける出来事が、、、。
23日、近所の寺の一大イベント、萬燈会。 レギュラーの組み合わせ、D300S+VR70-300。

こんなショットを撮ってましたが、あいにく天候も芳しくなく、そろそろ退散しようかと移動を始めたら、さすがに夜なので使っていた三脚から、スローモーションで落下。。。
クイックシューにきちんと嵌っていなかったか、ロックが緩んでいたか、よく分かりません。
嫌な音がしました。 石畳だったのです。

激しく盛り下がり、直ちに撤収、帰宅。 ちょうど雨脚も強まりつつありました。
ボディは底部に小さな傷が付いたくらいでとりあえず問題はなさそうでしたが、レンズは完全に逝っちゃいました。
MFもAFもダメ。VRもまったく効きません。

フードの傷が痛々しい。。。

土曜日、大学のクラス会の前に新宿のSCで見てもらいましたが、修理費18k¥の見積もり。
以前にも同額の修理をしています。
修理するかしないか、ちょっと考えることにしました。
70-300は、レビューのご褒美でもらったタムロンSP70-300がありますので、当面の不便はありません。

てな事があった最近なんですが、実はインターバル撮影用にゲットしてあった中国製タイマーレリーズが機能しなくなっていることが分かりました。
電源が切れていても使えるはずのレリーズボタンも効きません。 分解してテスターで調べてみたら、断線のようでした。

しょうがない、じゃケーブルだけ純正のに付け替えちゃろうかい、と通販サーフィンをしていたら、純正ケーブルより安い価格のタイマーレリーズを発見。 当然中国製ですが。。。反射的にポチしてました。
最悪でもケーブルは使えるだろう、と。

届いたブツを使おうとしたら、、、タイマーでシャッター切れんぞ、おい。 (--;
手動でレリーズボタンはちゃんと動くし、タイマーの表示も設定どおり変化するのですが。。。
さすが中国製だけある、と、妙に感心しました。 回路的な不良か製造時の配線間違いとか半田付け不良でしょう。

さすがにこれだけ信頼性が低いと、二個の不良品から一個の良品をひねり出す自信が失せました。
中を調べる気もかなり萎えちゃいました。
で、保険のために純正のタイマーレリーズを通販ポチ・・・それは保険と言わんだろう! 俺はアホだ!!と思いつつ。。。
今日届いた高い純正品。 さすがに何の不安も感じさせずちゃんと所定の動作をしました。

ほろ苦さを堪能した1ヶ月でありました。

今日は長いな。。。もう寝ます。




テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2011/12/02(金) 00:51:15|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<撮影機材ほろ苦バナシ おまけ | ホーム | 札幌は寒かった その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kiseisaikin.blog64.fc2.com/tb.php/1166-dc347680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご注意:スパムTB排除のため、この記事の参照URLのない記事からのTBは受け付けておりません。ご了承願います。

プロフィール

掃溜め寄生細菌

Author:掃溜め寄生細菌
偶然に写真の世界に足を踏み入れ、たら、ぬ、抜けられない。じ、地獄に引きずり込まれて行くぅぅぅ・・・
********************
※掲載内容の転載や再利用に関しては、ご面倒でも連絡をお願いします。 著作権の放棄はしておりません。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


こちらもよろしく。にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ

最近のコメント

リンク

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:Blog??・・・LifeLogだな・2

メールフォーム

私信はこちらへお願いします。
返信ご希望の場合は「メール」欄に返信用のアドレスを正しく記載して頂ければ専用のメールアドレスから返信します。
メールを投函した事自体や、メール本文、アドレスなど個人情報が公開される事はありません。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。