写真にはまったオヤジのつぶやき

写真てこんなに面白いとは知らなかった。すっかりオヤジになってから入った不思議な世界。腕前はさておきオヤジだけに言うことだけはエラソウ。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

恐怖体験

恐怖体験。
高速道路を老人が逆走して惨事に、というニュースを何度か見たことがある。
まさか自分がそんなことに巻き込まれるとは想定外だった。
生まれてこの方ン十年、そんなの見たことないからだ。

【こ、こっちにくるぅ~~(汗】 ゆりかもめの話ではありませんからね。
DS2_7722.jpg


今日の昼食はびっくりどんきーにしようとカミサンから提案があり、クルマで15分ほどのところにある店へと出発。
いつもの通りに片側二車線中央分離帯付きの国道バイパス右側車線を快適に走っていたら、先行するクルマが次々に急な車線変更。
何じゃらほいと思ったら先方100mに現れたのは、こっちに向かって走ってくる推定年齢75歳の爺様の運転する軽自動車。 助手席には婆様も。
力いっぱいホーンを鳴らしパッシングを浴びせ間違いに気付かせようとしたが、のほほんとした顔で右折で「いなげや」に入ろうと試みている。
もう一度書く。「片側二車線中央分離帯つきの国道バイパス」だ。簡単に反対方向へは進入できないように作られている。
大きな橋を降りたところで、最寄の交差点は1kmほど手前だ。 つまり1kmくらいは少なくとも逆走してきたことになる。
高速道路でなくてよかった。 高速道路なら入ろうとする「いなげや」もないからひたすら直進だろう。
立体交差での右折の方法を間違えたのだろうか。 バイパス本線から交差点に降りる車線も右左折用に二車線あるから、余裕で通り抜けてきたのだろう。
非常に危険だが、ご本人はどうもそう思ってないような表情だった。 ならばもう運転しないで欲しいと切に願う。

食事の後の帰り道、同じバイパスの別の場所。 同じように右車線を走っていたら左車線のクルマが並びかけた瞬間に急にレーンチェンジを開始。あっと思う間もなくミラー同士が接触。ブレーキを踏む余裕もなし。
幸いこちらのミラーが倒れただけで、助手席のセガレに直させて事なきを得たが、、、自分でもやるかもしれないので自戒を込めて言いたい、、、「後方確認しろ!」
角度的におそらく死角に入ったのだろうと思う。だから首を振って確認して欲しい。 でなければ私のようにルームミラーを大型にしてさらに補助ミラーをつけるとか、ワイドに見える凸面タイプのミラーにするとか工夫をすべきだろう。
昼の食事の前後に危うく事故に巻き込まれるかも知れない体験をしてしまった。。。
交通安全!!

スポンサーサイト
  1. 2008/04/29(火) 20:56:15|
  2. オヤジで悪かったね
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紙のように薄い被写界深度 500mmF6.3

まぁね、リッチじゃないことは確かなんで、サンニッパだとかゴーヨンだとかそんなものすごい「夢」のレンズと比較しちゃいけませんヨ。 何十倍も価格が違うんだからね。

コントラストは高いとは言えませんな。 フードも付属していないので、(構造上フードがついてるようなもんだけど)、余分な光線が入り込むし。
画角は、APS-Cサイズ換算だと3度ちょっとかな。 tan は0.0052407779.。。。
口径が90mm位あるから、マウントから1.7m位のところまでフードを伸ばしても理屈上はケラレない。
う~~ん、やっぱりフードをつけたいなぁ。30cm位黒画用紙を巻くか。

【独特のボケ】


反射鏡を使うレンズはカセグレン式だから二次反射器をつけるためにど真ん中に光の入射出来ないエリアが存在する。 だからボケが独特のリング状になる。
マクロレンズにプロテクタを二重に装着し、間に切り絵細工の如く加工した遮光紙を入れると同様な効果が出せる。 ハート型だとか星型だとか、遊んでみたら結構それはそれで面白い。
渦巻きがやっぱりインパクトがあったかな。
なお、リングボケについては次回あたりに「まっとう」なレベルのものを掲載予定。

【浅い深度】


撮影距離は2mちょっとだったと思う。
ycttimさんがエクセル(?)で計算してくれたらしい被写界深度によれば、、、合致するものがちょうどない。。。28mm以下は間違いなさそうだ。

おんなじ計算を細かくしてみるか。 許容錯乱円径をどう決めるかで変わってきちゃうんだけども、「フィルム同等」であれば対角線の1/1500程度なので28.8μm、APS-Cサイズなら19.2μmというところか。 昨今はPCで等倍で見ちゃったりするから必ずしもこの限りでないという議論もあるんだけども。。。
D200なら3872×2592が最大画素数。対角線は約4660画素相当で28.8mm。1画素当たり約6.2μmで、これを許容錯乱円とする? 何か非現実的な数字に思えるので、とりあえずフィルムの常識のAPS-Cサイズ版で19.2を採用しよう。
合焦している被写体までの距離を a 、絞り値を F、許容錯乱円径をεとすると、
前側に B=εFa^2/(f^2+εFa)
後ろ側に B=εFa^2/(f^2-εFa)
が被写界深度として「ピントが合っている」とみなすことができる。
(以上は世の中の出版物の受け売りですが、著作権のある内容ではありません)
で、こんな風になる。 結果はmm単位に四捨五入してある。

KENKO500F63DEPTH.gif


2mでは約4mm。 頭がちょろっと動いたらアウトフォーカス。
というか、2mで狙ったものはこの4mmに入れろ、っちゅうことね。(^^;
ycttimさんの計算結果と僅かに差があるのは許容錯乱円の大きさとか、その辺の設定値の差だろう。 元の計算式はみな同じはずなので。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/29(火) 12:00:28|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

4月23日の記憶

23日の朝、朝日が気持ちよく射していた。
向かいの駐車場のポピーがキラキラ光っていた。 ふぉとじぇにっくだった。
充分明るいし、ここはゲットしたばかりの500mmで窓から余裕で狙えるだろう、と。。。
仕上がりは想定の範囲外だった。

K100D / Kenko 500mm F6.3DX / ISO200 1/400"
フェンスの向こうには幻想的な、というより幻覚でも見ているような超現実的な世界が見えている。
奇しくも咲いているのはケシ(ポピーだけど)。 完全に偶然だ。 意図して撮れるほどこのレンズを分かっていないのだから。
今日、少しマジメにいろいろ撮ってみた。 500mmF6.3固定というのは、分かっていてもものすごく浅い被写界深度だった。
レンズ自体のコントラストは大して高くはないのだがしかし、非常に収差の少ない端正な描写だ。
これはまた別に記事に書くことにしよう。

この日、よい天気でよかった。
午後いっぱい外でのデリケートな調整作業予定があったのだ。
尻拭いなのだが大事なお客さまだ。 リピートオーダも期待できるのでモノだけでなく恩も売っておかねばならない。

待ち合わせ場所には新橋から「ゆりかもめ」で向かった。
少し時間に余裕があったのでゆりかもめの軌道変更の仕組みの解明という数年来の課題に取り組んだ。 ら、30秒ほどで分かってしまって拍子抜け。 レーンチェンジのためのガイドを行う軌条(レール)があったのだ。
乗っているとよく分からないのだが、「ポイント」に相当するところで普通の鉄道線路と同じように動くレールがあった。
せっかくだから仕事で使う予定で持ち出していた自前の一眼で、ちょっと小洒落て撮ってみる。
きれいに清掃されたガラスにプリントされたゆりかもめをシオドメのビルの合間に飛ばしてみた。
左は電通本社ビル、右は汐留タワー、だっけか。

D200 / DX18-70 / 48mm 絞り優先AE F11 (+0.7EV)
ゆりかもめのナビで、列車のゆりかもめがやって来た。


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/26(土) 23:51:48|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「みんなで写真展」にみんなで参加しましょう!

【寄生細菌から皆さんに文化活動の宣伝です】

これを読んでいるアナタ!
そう、アナタです。
アナタのお気に入りの写真を無料でギャラリーに展示してくれます!!
とってもありがたい話だと思いませんか?
コンテストではないので、アナタの好きな写真を展示してもらえます。
そんな奇特な人がいるはず、、、あります!

その奇特な人は小口さん。 茨城県在住のプロ写真家です。
ほぼ二ヶ月に一度、時節のテーマで開催されます。

ただいまの募集は6月開催、テーマは「紫陽花」です。
とっておきの紫陽花写真、眠っていませんか?
蔵にしまいこんでおかずに日の目を見せてあげましょう!
くわしくは小口さんのブログホームページをご覧ください。

←左の欄こもリンクがあります。


  1. 2008/04/24(木) 22:07:25|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いい仕事

後世に残る様な仕事をしてみたいもんだ。
鉄道を作れば地図にも載るし、いいかもしれない。 夢があるし。



この路線、工事を請け負ったセガレによると現在は計画が白紙に戻ったようだ。
う~~ん、少々残念。



テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/23(水) 23:51:16|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜、去る。

もう東京は殆ど桜は開花状態がなくなった。 北へ去っていったのだ。
また来年、会える日を楽しみに待つしかない。

俳句写真二作目。
【二色に君の頬染む桜花】

D200 / Tamron 272E / 絞り優先AE F3 (+0.7EV)

閑話休題。
買ってしまった。 なぜか通販でしか売っていない。 Made in KOREA とある。 従って作りは悪くなさそうだ。 SAMSUNG と書いてあれば面白かったのに・・・何で面白いかには理由があるがそれは後で。



このレンズはマウントが直径42mm/ピッチ0.75mmのTマウント。 つまり、現在市場に出回っている全ての一眼レフカメラにアダプタを介して付けられる。
今回購入に当たっては、ボディ内手ブレ補正により、所有ボディでは最も効果的に使用可能なPENTAX K100Dに合わせてKマウントアダプタで注文。
各社のマウントには2000円程度の出費でアダプタを付け替えてやればよいのだ。
次は多分ニコンFマウントのアダプタをどこかで買ってくるのだろうなぁ。 D200ならAEが使える。その次はαマウント、その次はEFマウント。。。

K100Dにつけるとこんなものすごい状態になる。



PENTAXは現在SAMSUNGとデジタルカメラ共同開発をしている。 SAMSUNG(三星)は半導体(特にメモリ)を核に世界有数のメーカにのし上がった。 今度のK20DにはSAMSUNG製の14M画素のイメージセンサが搭載されているがそのパフォーマンスはかなりのものらしい。
と、言うわけで、このケンコー500mmがSAMSUNG製なら面白かったのになぁ。。。

さて、肝心の写りはこれからの評価だが、さっき部屋のカーテンを撮ってみた。

K100D / Kenko 500mm F6.3 DX / F6.3 1/30" ISO1600
これは手持ち撮影である。 K100Dの場合もフルサイズ換算でレンズ焦点距離は1.5倍になるので、750mm相当になる。 従って一般的にはシャッター速度は1/750”より速くないとブレのリスクが高くなる。 その1/25のシャッター速度でこの程度撮れてしまうのだ。 4段以上の改善効果があったことになる。

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/22(火) 00:01:01|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佳日


D200 / Tamron 272E / 絞り優先AE F4.5 (+0.7EV)

今日はとてもよい日だった。
以前いた会社の先輩でずっと写真を続けているSさんという方がいて、毎年ずばらしい花の写真の年賀状を頂いている。
今年の私の賀状には、このブログのことをちょろっと書き添えてみた。 正直なところ、Sさんの賀状の写真を見たら恥ずかしくて躊躇していたのだ。
でも好きな被写体が似ているし、「こういうのをこういう風に撮りたいなぁ」と思う写真を毎年賀状で見てしまうと、葉書だけのコミュニケーションでは物足りなくなってきてしまったのだった。

暫くしてブログのメールフォーム経由でSさんからメールが届いた。 「写真にはまる、それは良いことだ。 ガンバレ」という内容だった。
以来ブログはチェックしていただいているようだったが、さらに暫くして「××新聞○月×日多摩版に写真が載るから見てね」という内容のメールが届いた。
購読中の新聞ではなかったので販売店で買って、見て、名前を見る前に写真で分かった。
感動して感想をメールしたら、「プライベート写真集を作ったのだが、見るか?」というお誘い。

今日、友人を連れ出し、見せてもらいに行った。
いろいろ楽しくお話も伺った。 密度の濃い有益な時間を過ごした。 好きなこと好きなようにをやるのはいいことだが、やはり方法論はきちんと押さえた上で努力と工夫と緻密さと手数により作品としての質が向上するのだと思った。
毎年たった一枚のSさんの年賀状の写真は1枚だけぱっと撮ってプリントしたものではない。
当たり前といえば当たり前なのだが。
基本を忠実にやった上でのオリジナリティーを出していくのは根気も必要なプロセスだ。 でもそれが好きなら楽しくやれる。 写真というのは実にいい趣味だと思う。

素晴らしい写真を撮るSさんの機材は決して超高級品ではないし、そこにあるだけで威圧するようなものでもない。 これも何か親近感が湧いて嬉しいことだった。

さて、次の写真はメインの話題とはちょっと違うのだ。
カミサン方のババは文才があって、札幌で随筆のクラブに入ってエッセイなどを書いている。 短歌や俳句も好きである。 そのお仲間にネイチャー写真の達人(写真展で見せてもらったことがあるが、スゴイ)がいて写真仲間に入れと誘われているそうだが、機械にはとんと弱いので躊躇しているそうな。
でも写真の素晴らしさは分かってきてしょっちゅうギャラリーだの写真展だのには出かけているという。
で、先日孫の顔見に来たときに新聞の切抜きを渡されたのだった。 それは「俳句写真」だった。
「あんたカメラいっぱい持って写真撮るんだったらこれやってみなさいよ」と。

私の写真は基本的に妄想しながらの産物なので俳句などという風雅なものにマッチするかは甚だ疑問な側面があるのだが、友人も前に少々トライしていたことがあったと思ったのでまずは一枚やってみた。
俳句なので季節を表す語が必要だ。 今は春だが、春の季語・・・聞けばああそうかいと思う程度にしか分からない。
ま、文才があるかないかはさておき。。。。

【春風に甘くゆだねるわが身かな】

D200 / Tamron 272E / 絞り優先AE F2.8 (-0.7EV)
写真のタイトルのつもりで考えれば結構面白いのかもしれない。

テーマ:撮影の基本・未熟者の集い - ジャンル:写真

  1. 2008/04/19(土) 20:12:55|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

オンナゴロシの桜

桜は美しい。
ソメイヨシノなどは散り際が特に美しい。 桜吹雪に舞う花びらの数は日本中で一体どれだけの数になるだろうか。

個人的には八重の枝垂れ桜が桜の中では一番好きだ。
そよ風になびく姿などは高校生の時のGFがバス停でバスを待つときの長い髪に似ている。
彼女もすっかりオバサンになってしまった事だろう。 あの頃の姿を思い出すとちょっと胸が熱くなる。

さて、その八重桜を光に透かして内側から見上げる。 淡いピンク色の中に花が溢れている。
これを望遠レンズ絞りを開いて撮る。 無論スケベなことを妄想しながら撮るのだ。
出来上がりはこういう風になる。
そして驚く。 自分の妄想やウデでこんな風に捕れる筈はない、これは機材に依存しているに違いない、と。 そしてますます「もっといい機材」が欲しくなっていくのだ。


D200 / VR70-300 / 270mm スポット測光 絞り優先AE F5.6 (+1.0EV)


D200 / VR70-300 / 240mm 絞り優先AE F5.6 (+1.0EV)

こういう写り方は特に女性の感性に合う様に思う。 「オンナゴロシ」だと思うのだが、どうだろう。


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/16(水) 21:00:20|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

百年続く・・・

出張から東京に戻ったら、自宅近くの街路樹のハナミズキ(アメリカヤマボウシ)が咲いていた。
「ぽんっ」と咲くんだなぁ。
薄いクリーム色と薄紅色が交互に植えられている。 この花はもう少し開いた方がいい感じかもしれない。
明日の朝、撮ってみようか。



D200 / VR70-300 / 260mm 絞り優先AE F5.6 (+1.0EV) / SILKYPIX DS3 トリミング


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/14(月) 23:06:01|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出張してました 【広島市の写真 Part Ⅱ】

出張写真の続きです。
広島市・平和大通りの福山通運近くの枝垂れ桜で、信号機とのコラボ三部作。(^^;
緩やかな風にゆらゆら揺れる枝先の花に信号の後光がさしてちょっと不思議な雰囲気。

【Green】

D200 / VR70-300 / 300mm スポット測光 絞り優先AE F5.6 (+0.7EV)

【Yellow】

D200 / VR70-300 / 300mm スポット測光 絞り優先AE F5.6 / SILKYPIX DS3 露出追加補正 +0.3EV 色合い・彩度微調整

【Red】

D200 / VR70-300 / 300mm スポット測光 絞り優先AE F5.6

次回は再び東京へ・・・もどろうかなぁ。。。


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/13(日) 17:45:11|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出張してました 【広島市の写真 Part Ⅰ】

新潟県、広島県、山口県と連続出張してた。
仕事でも使うのでD200とVR70-300、Tamron A09がお供。
DX18-70はズームリングが回らなくなり現在入院加療中。
新潟県と山口県ではプライベート撮影の時間無し。
広島市で若干散歩の時間があり、あとは山口県へ移動の電車の車窓から。

ホテル近くの平和大通りを歩いてみた。 まだコブシがかろうじて残っていた。
うなだれ弱っているように見えた。 朝日に透かされると不思議な雰囲気だ。

【平和大通りのこぶし 1】

D200 / VR70-300 / 300mm スポット測光 絞り優先AE F5.6 (-0.3EV)
スポット測光は意図していない操作だった。 逆光なので撮影直後にプレビューはしてみたがさほど作画意図からは大きく外れていないように思えたので全く気が付かなかった。
気が付いたのは広島駅南口地下通路を撮った時に完全に想定外露出が出現したからだった。
どうやら最初にカバンから取り出すときにうっかりダイヤルに指が掛かり回してしまったようだ。
屋外の明るいところでのモニタ確認は限界がある。
ま、結果オーライというところか。 背景が大きく落ち込みコントラストの強い味わいになった。
ニコンのスポット測光はAF測距点に連動しているのでフレーミングの自由度が高く重宝する。
今回は気が付かずに使っているけど。。。

【平和大通りのこぶし 2】

D200 / VR70-300 / 300mm スポット測光 絞り優先AE F5.6 (-0.3EV)
もう葉っぱだけの枝も多かった。
それにしても最近はどういう訳か縦位置撮影が増えたなぁ。 半数以上は縦位置だと思う。

【平和大通りのこぶし 3】

D200 / VR70-300 / 200mm スポット測光 絞り優先AE F5.6 (-0.3EV)
こういう感じの写真は多分、最近ちょっと迷いがあるという友人が好きな感じじゃなかろうかな。

次回も広島の写真の予定。 といってもアタシの写真じゃ地域は特定不能だけどさ。(^^;

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/12(土) 21:54:18|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9,10,11日で新潟県、広島県、山口県に出張です。
新潟県での記念ショットはこれ。フリータイムがなかったので・・・
広島と山口もフリータイムは殆どなさそうです。

【当!!】



テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/10(木) 08:17:10|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

反省 <(__)>

反省します。
花に近付きたくて柵ぎりぎりまで寄ったら既にそこは入っちゃイカン場所だったんだね。
寺の人に注意されてしまいました。 イエローカード(××)/
大変申し訳ありません。 深く反省しております。 自分の庭のようなつもりでした。

禁を犯したおかげで寄れたのですが道義上その写真は公開できません。
注意を受けない場所から撮ったものをトリミングして掲載します。
DSC_5883tm.jpg

花そのものはどれも少々傷んでいて色も薄くあまり見ごたえがしないのですが、贅沢は言えません。

さて、さすがにDXフォーマットですら300mmでも短いこの状況は的が小さい鳥の撮影に似ている。 望遠鏡みたいな長~~いレンズも安く売ってはいるけれど。。。お金があるならサンニッパにテレコンとかがいいよなぁ。。。
500ミリレフレックスは手に入るかしら。。。 そのほうが取り回しはラクだなぁ。あの独特なリングボケも魅力。D200ならAEが効くし。
どうやら禁を犯したせいで物欲・煩悩という仏罰が下ったらしいな。。。。

テーマ:撮影の基本・未熟者の集い - ジャンル:写真

  1. 2008/04/06(日) 19:15:56|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オールドレンズ、PENTAXで甦る

ああ眠い。
だから今日は写真だけ掲載。
前倒し形見のオールドレンズ、K100Dの現代魔法で復活。


K100D / COSINA 28-200 / 28mm F3.5 1/800" / SILKYPIX DS3 コントラスト調整


K100D / COSINA 28-200 / 28mm F8 1/320" / SILKYPIX DS3 コントラスト調整


K100D / COSINA 28-200 / 28mm F8 1/125" ISO400

眠いぞ~~~

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/04(金) 00:12:57|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ある日の亀羅村

IMGP0001m.jpg
K100D / COSINA 28-200 / 200mm(MACRO) 絞り込み測光 F5.6 (-0.7EV) 1/10"

「帰ったぞ」
「遅かったな、おとう。 何かあったのか?」
「い、いや。 な、何もない」
「ほっほ、おとうは分かりやすいのう。 何を隠しとるんじゃ? どうせすぐにばれてしまうんじゃから早う言えばええだに」
「お前にゃやらんぞ」
「あははは、やっぱり何か手に入れてきたではないか。 見せてくれんかのう」
「お前にゃ見せとうない」
「ぷぷぷ、ということは新しい仏様じゃな。 もったい付けんと見せてくれ」
「・・・・・・」
「ほれほれ、ま、茶でも飲んで。。。」
「・・・・・・」
「煮昆さまの目の具合はどうなんじゃ。」
「北村の口利きに預けてきた。 七日程で見積もりをよこすそうじゃ。」
「自分では治せないだか?」
「わしではムリじゃ。 二度と使えん様になるのがオチじゃで」
「そうか、、、いろいろ銭が掛かるのう。 その割に新しい仏様をお迎えする、と。。。」
「憎まれ口をキク奴には見せてやらん!」
「やれやれ、病気じゃのう。。。こないだはどこぞに魂を売ってきたとか言うとっただに。 売る魂が沢山あるんじゃのう」
「うるさいうるさい! セガレのくせに生意気なことを言うなっっ」
「まぁまぁそう怒らんと。 いろんな仏様を信心してはイカンとは誰も言うとらんで」
「あ、当たり前じゃ。 あ、こら、勝手に包みを開けるでない!」
「おお、辺托巣さま。 それも震えが止まるご利益のある計百出さまではないか。
 わしも一度お会いしたかったんじゃ。 なんまんだぶなんまんだぶ」
「ああもう。 いつもこうじゃ。。。。」

亀羅村の春のひとこま。。。
  1. 2008/04/01(火) 01:09:58|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

掃溜め寄生細菌

Author:掃溜め寄生細菌
偶然に写真の世界に足を踏み入れ、たら、ぬ、抜けられない。じ、地獄に引きずり込まれて行くぅぅぅ・・・
********************
※掲載内容の転載や再利用に関しては、ご面倒でも連絡をお願いします。 著作権の放棄はしておりません。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


こちらもよろしく。にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ

最近のコメント

リンク

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:Blog??・・・LifeLogだな・2

メールフォーム

私信はこちらへお願いします。
返信ご希望の場合は「メール」欄に返信用のアドレスを正しく記載して頂ければ専用のメールアドレスから返信します。
メールを投函した事自体や、メール本文、アドレスなど個人情報が公開される事はありません。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。