写真にはまったオヤジのつぶやき

写真てこんなに面白いとは知らなかった。すっかりオヤジになってから入った不思議な世界。腕前はさておきオヤジだけに言うことだけはエラソウ。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

まるで北海道

いやー今日だら東京も北海道と変わんないもな。
朝寒くて窓閉めたでや。今日で七月終わりだぞ、おまえ。
梅雨の明け方が今年はいつもと違うとか気象予報士が言ってたべ?
普通は梅雨前線が北上して消えるから南からあったかい風が入って来るんだとさ。したけど今年は南下して消えて、高気圧がでんと構えてるもんだから南のあったかい風が暫く入ってこないんだと。
こういうの異常気象って言うんだべなぁ。涼しいのはオレはあり難いけどさ、東京の夏はじっとりウダウダ暑いもんだべや。それでないと商売上がったりの人も居るもな。
今晩のこの月の雰囲気なんか殆ど秋だべや。P7310002s.jpg

だけど中部とか関西の暑さだらコッタラもんでないからな。前に真夏に仕事で名古屋とか大阪行った事あるけどまず参ったな。体温くらいあるのが夏は普通だもな。頭クラクラしたさ。そったら暑いとこでも結構普通に生活してるんだもなぁ。信じられんな。オレだら無理だわ。ダメ。もともと寒冷地仕様だも。東京もそのくらいになることはたまにあるけどさ。暑さの質が違う感じするも。
なんか中国の深センあたりのクソ暑さに通ずるものがあるな。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/31(月) 23:45:22|
  2. 道産子だよ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セガレのいる生活

セガレは幼稚園の年長組。7月で6歳になった。
去年の今頃はこんな事していたが、大分生意気になってきたぞ。DSC_0914s-2005.jpg


夏休みに入ったのでこっちも相手をしてやらないといけなくなってきた。クラスメートの家はみな結構離れている。
昨今の犯罪状況を考えると、とても自分自身が子供の頃言われたような「やかましいから外で遊んできな!」とか「友達のところにでも行っといで!」とはとても言えない。変質者情報も結構ある。
昨日は招待券を貰った恐竜展。結構精巧に作られた大きな動く模型があり、ティラノザウルスにビビリまくるセガレ。模型だと知らされずにいきなり出てこられたら大人でもびびるかも知れんなぁ。だって口は開くし目は動くしぐわぁ~~~~と吼えるし。
これはかわいい方の後姿。P7290011s.jpg


帰りに鉄道のプラモデルを買ってやった。小さいものなので簡単だろうと思ったら結構精密に出来ていて部品も多かった。放っておいたら全く出来ていない。「おとーさん、これは15さいいじょうってかいてあるよ」と、後で指摘されることになる代物だった。ちょいとハードル高かったかなぁ。。。(^^; さっきまで一緒に作っていた。悔しいことに組み立て図も非常に小さいので老眼鏡をかけないと字が読めない。
それでも2箱のうち1箱はシール貼り以外は出来た。明日の晩にもう一箱を作る約束をして終了。

今日の昼は近くのファミレスで食事。割引券が新聞折込に入ってきたのでカミさんが張り切っていたのだ。何で張り切っていたかというと、サラダバーがあるからだ。
大雨で野菜の価格が急騰している。買い物に行って高くて買わずに帰ってくることもあるのだ。
食べ放題のサラダバー、充分元は取れると踏んだようだ。
席に着いたセガレは隣席の女の子が気になって仕方がないらしく、しきりに覗き込んでいる。 既に色気づいたか?
セガレの通う幼稚園はなぜか女の子が男の子よりも圧倒的に多い。どうも経営者のポリシーのようだ。
そのせいか、セガレのようなマイペース男でも仲の良い「彼女」は居るらしい。聞けば面倒見の良い「姉御」タイプばかりで、世話をしてもらっているようだ。今からそれかい、、、、将来は年上の女房を貰うようだなぁ。。。

夕方涼しくなってから自転車の練習。亀の歩みの如き進捗ながら、確かに上達しつつある。気長にトレーニングしよう。
励ましながら褒めておだてて。。。。
なんとか5秒程度はいけるようになったが、臆病で僅かの路面の不整でバランスを崩すとすぐ足を着こうとする。
今日はサドルを目いっぱい下げてやったらだいぶ恐怖感が緩和されたようなので、明日以降のカミさんの厳しい指導に期待しよう。

テーマ:親の思い・願い - ジャンル:育児

  1. 2006/07/31(月) 00:10:55|
  2. 家族に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大賀蓮

ホーム寺の蓮(大賀蓮)はホントウはこんな咲き方をしてくれる。2005年7月17日朝の撮影。
DSC_0991s-2005.jpg
D70 / Sigma 70-300mmF4-5.6 APO MACRO SUPER II / 300mm ISO320 Av F20 1/25"(現像時+0.3EV)
撮影データを見て苦笑。えらく絞ってるのはきっと訳も分らず悩んでいたからだな。ISO320というのもいかにも試行錯誤的。
多分プレビューボタンを押しながら深度を確認していて、深くするために絞っていったんだろうな。その結果D70の小さいファインダーで「まぁいいかな」のところで妥協してみたらえらくシャッター速度が遅い。
で、ISOを2/3段上げてみたら1/25”までシャッター速度が上がったので手を打った、というところなんだろうなぁ。
このときはまだマクロレンズ持ってないので望遠のマクロモードを使ってる。
300mmだがちゃんと三脚が使えていれば1/25”でもブレの心配は少ない。が、一年前にちゃんと使えていたのか、ちょっと冷や汗が出たりしてる。ま、それは置いといて、、、、相手が花なので、このシャッター速度なら少しの風も辛いし、連続AFモードは気休めにしかならない。。。けども連続AFモードで撮影している事になっているのを見ると、少し揺れていたんだろうなぁ。
今ならどういう手段を使っただろうかなぁ。被写体は池の中で、柵もあるから少々距離はあることはある。でもこの大きさで写っているのだからやはり90mmマクロかな。
深度を求めるのならば標準ズームの75mmでF11くらいまで絞って使うか。。。デジイチの画素ピッチではエアリーディスク径との関係でF11くらいまでにしておくのが良いのだそうだが、、、深度を稼ぐにはどうすれば良い?
などと考える前に、もう少しセンスのいい構図を勉強する方が先だな。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/07/30(日) 19:02:50|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

珍しく夏が恋しい-その4

今朝、気持ちよく目覚めた。曇りだが湿度も高くなく、この時期の東京にしては上出来の爽やかさだ。暫くぶりにホーム寺をうろつくことにした。
ホーム寺の池の大賀蓮の出来が今年は悪い。去年は7月20日より前に満開状態だったのに、今年は全く蕾を見ていない。葉も生育が悪い。
カメラ3台(1台は「重し」に使う)と三脚担いで池まで行ったがやはりというか案の定というか、空振り。
7月上旬にあじさいは来年のためにばっさり花を切ってしまうので基本的にはもう花はない。でも刈り忘れなのか、後から出てきたのか、いくつか花が残っている。こういう花は結構息が長く秋まで残っていることもある。
DSC_0977s.jpg
D70 / Sigma 70-300mmF4-5.6 APO MACRO SUPER II / 86mm Av WB曇天 ISO200 F8 1/25"(-0.7EV)
DSC_0994s.jpg
D70 / Sigma 70-300mmF4-5.6 APO MACRO SUPER II / 300mm Av WB曇天 ISO400 F8 1/40"(-0.7EV)
DSC_1007s.jpg
D70 / Sigma 70-300mmF4-5.6 APO MACRO SUPER II / 300mm Av WB曇天 ISO200 F5.6 1/100"(-1.0EV)

昼少し前くらいから日差しが強くなり暑くなり始めた。まだ風があるので日陰は少し過ごしやすい。
夏の花たちは元気なものだ。ベランダに吊るしたペチュニアはビクともしない。DSC_1030cs.jpg
D70 / Tamron 272E / Av WB曇天 ISO400 F5.6 1/1250"(+0.3EV) 原画より切り抜き

DSC_1031s.jpg
D70 / Tamron 272E / Av WB曇天 ISO400 F8 1/800"

空の色もだんだん吸い込まれそうな色になってきた。
DSC_1037rs.jpg
D70 / Tamron 272E / Av WB晴天 ISO400 F8 1/2000" ガンマ若干調整
そろそろセガレの自転車の練習にでも行こうか。。。。

テーマ:写真と言葉..日々の印象 - ジャンル:写真

  1. 2006/07/30(日) 16:05:02|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これもひとつの楽しみと割り切る

暑いぞぉ、今日は朝から。
これで梅雨明けしてないなんて信じ難いが。。。。
DSC_0968s.jpg
Nikon D70 / Tamron 272E / F11 1/500" ISO200

【ZoneAlarm】
6月くらいにあったZoneAlarmの自動更新(65_722)が最悪で、2台実装しているPCのWin2Kの方はまともに動かずひとつ前(61_744)に戻した。WinXpのほうはとりあえずアイコンがタスクトレイに現れる確率が5%くらいになった程度で大きな支障はないが新しいプログラムのネットアクセスが全てブロックされるが何の表示もなし、コントロールセンターも開けないという困った状態であった。これは結構被害者が多く騒がれたのですぐ直るだろうととりあえず放置していた。

が、とあるお友達は悲惨な状況で、ネットワークアクセスが全て遮断された状態から抜け出せなくなってしまった。
かといってファイアーウォールは入れておきたいのであれこれ格闘して一日中再起動を繰り返したそうだがついに諦めてSOSが来た。過去のバージョンを保存していなかったそうだ。
幸い細菌オヤジの場合、物持ちがいい(整理する能力が低い、とも言う)ので過去のバージョンはかなり取ってあったので喜んで提供させていただいた。無料版だし、ZoneLabから感謝状貰っても良い位だと思ったな。

【FireFoxとThunderbird】
どうやら仕様上の話だったということだが、猛烈にメモリを消費する時があった。
7月に入ってから自動更新があって、今日もthunderbirdの更新があった。
・・・再起動後メールサーバにアクセスできなくなった。ん? こりゃバグかいな、と思ったら別のPCでは何ともない。
原因はすぐ分った。

【再びZoneAlarm】
こいつだよ、悪さしてたのは。ついにその日が来たか、と一時的にアンインストールして雷鳥さんは動くようになった。
火狐ともどもメモリの異常な消費は改善されていることを期待する。とりあえずタスクマネージャで見る限りおとなしくなったようだ。
雷鳥さんのサーバアクセス時の異様なリソース食いつぶし(マウスカーソルが固まって動かないくらい:フィルタ処理か何かだろうか、原因が分らない)は改善されたのかなぁ。
あとでダミーメールで試してみるか。。。

さて、それではZAを入れ直すか。どうせならそろそろ新しいバージョンがリリースされてるんだろう、、、、お、あるじゃないか(65_731)。では早速DL。古いのは既に正しい手順で消してあるから新規インストールで何の問題もないはずだ。
。。。。。。。。? ZPY.DLLがない? インストール実行ファイルは圧縮ファイルで、その中にちゃんとある。
再試行だ。
。。。。。。。。? 別のインストーラが起動中? 起動してない。残骸はタスクマネージャでつぶしたはずだが何か残っているのか、、、、
何度やっても再起動かけてもログオフ/オンしても変わらず。
仕方がない。syseditregeditでレジストリの掃除をする。。。Zone何とかは全て潰した。
。。。。。。。。。? 結果同じ。古いバージョンでも出方は違うが現象としてはほぼ同じだ。

ひょっとしてもっとレベルの低いチョンボか?
捜索した結果、Program Files フォルダにzonelabの残骸を発見。
アンインストール時にも再インストールのために残骸が残ることはよく有るが、トラブルの原因にもなるのでレジストリとともにばっさり消してしまわなければならない場合も結構ある。
Zonelabの場合はこの手のトラブルはこれまで経験していなかったので疑っていなかった。
消しちゃえこんなもん。
。。。。。。。。 何事もなかったかのように正常インストール完了。その後の動作も順調。タスクトレイにアイコンもちゃんと出ているし、ネットアクセス中にメータにちゃんと化ける。

朝から2時間以上もあれこれやってしまった。
達人ならば3分で済むんだろうけどなぁ。。。
素人としては、これもまた楽しからずや、、、、

テーマ:フリーソフト - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/07/29(土) 10:53:54|
  2. PCに関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吸い込まれる感覚

昨日の記事に載せた三枚の写真に共通するのは空の濃い青色。
細菌オヤジはこの色に弱い。この空の色には無限へと吸い込まれていくのを感じるからだ。
いくつか似た様な感覚を覚えるものがある。そのひとつに渦巻きがある。まさに吸い込まれていくのだが、濃い青空の方はどちらかというと「吸い出される」感じかな。渦巻きは「引き込まれる」感じ。何が違うって? 頭からか足からかの違いみたいなもんだろうか。

DSC_0953s.jpg
D70 / Tamron 272E / ISO400 Av F8 1/100"

DSC_0950s.jpg
D70 / Tamron 272E / ISO400 Av F5 1/320"

こういうのとはまた別な、いわば「誘惑」みたいな引力の感覚を覚えるのもある。
P7260003s.jpg
Olympus X-3 / ISO400 Av F4.5 1/80"
あのカーブの向こうには何があるんだろう、あの電車に乗っていってみたい、そんな感じ。
一昨日の記事の羊蹄山の写真も道路が山の方に消えていくのも同じ感じがする。

北海道、早く行きたい。

テーマ:写真と言葉..日々の印象 - ジャンル:写真

  1. 2006/07/26(水) 23:33:43|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

珍しく夏が恋しい-その3

ううう、うずうずしてくる。
今度は去年の夏の写真。
共通データ
 D70 / AF-S DX18-70mmf/3.5-4.5G IF ED / CPLフィルタ使用 / 撮影地 北海道千歳市

DSC_1161s.jpg
マニュアル露出(ちょんぼ) ISO200 MF WB-晴天 仕上がり設定「標準」 70mm F13 1/250" 現像時+1.0EV補正

DSC_1191s.jpg
絞り優先AE MP測光 ISO400 AF WB-Auto 仕上がり設定「標準」 38mm F11 1/160"

DSC_1151s.jpg
絞り優先AE MP測光 ISO200 AF WB-晴天 仕上がり設定「鮮やかに」 46mm F13 1/80"

テーマ:四季 ー夏ー - ジャンル:写真

  1. 2006/07/25(火) 00:02:34|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

珍しく夏が恋しい-その2

昨日の続き・・・になるかな。
夏の北海道はイイ。文句ない。早く休みにならないかなぁ。。。
行き帰りが大変でも行く価値がある。何せ生まれ故郷だし。
定番?の写真を載せよう。
羊蹄山と中富良野のラベンダー。撮影日は、、、日付がしっかり入ってるな。フィルムは Kodak のネガ、Gold400。カメラは多分(^^; Minolta α-5700i、レンズは35-80mm/4-5.6の手動レンズバリヤーが付いた一種レア物。
19960825-003sr.jpg
 多分、R276で支笏湖から京極に向かっている途中。

19960720-005sr.jpg
 多分「彩華の里」だろうと思う。この当時この濃い色のラベンダーが斜面にあるのはそんなに多くなかったと思うなぁ。
あのファーム富田もこの当時は斜面の畑は薄い色が殆どだったように記憶。(記憶違いだったら失礼!) 背景もファーム富田とは違うね。
ラベンダー畑は中富良野町周辺には非常に沢山あって、ファーム富田は老舗で有名だけど、それ以外にもいいラベンダー畑は沢山ある。
この「彩華の里」もそのひとつ。花以外には余計なものが殆どなく、人もそんなに多くない(今はどうか知らない)ので花や香りををのんびり楽しむにはいいところ。
どこにあるかって? ぐぐって下さい。。。。すぐ出てくると思う。

ああ、もう、ますます行きたくなったべや!!
でもお盆過ぎまでは例年、もたないんだよなぁ、ラベンダー。。。。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/07/24(月) 20:16:53|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ステアリングホイールカバー

仕事で中国に行くとタクシーをよく使う。車の数は猛烈に多い。
普及率はたいしたことはないが、人口がやたら多い。
そのタクシーに乗って感じるのは車が汚い事だ。普段からの手入れなんかしてないという感じで、汚いというか壊れたままにしている部分が多い。

でもなぜかやたら目に付くのはステアリングホイールに巻かれたカバー。グリップをかなり太くしているが、かえって扱いにくく見えるんだよなぁ。大型トラックのステアリングホイールより太そうに感じる。
中国で走ってるクルマはベースは欧州車や日本車が多く、そんなカバーなんぞ巻かなくても必要充分な太さだと思うのだが、とにかくやたら目に付く。
でもこれはよその国の話なので、まぁ、どうでもいい。

細菌オヤジが最近国内で気になるのは、白いステアリングホイールカバーだ。
いい意味で気になってる訳じゃない。もちろんこれは好き好きで付けたい人は付ければ良いだけの事なんだけど、危険に見えて仕方がないからだ。
あの色は反射が大きい。フロントグラスにも写るだろう。
市販されているクルマのダッシュ周りが判で押したように黒もしくは
黒っぽい色なのはちゃんと理由がある。良好な視界の確保だ。
明るい色はフロントグラスに反射して昼間でも路面が非常に見にくくなる。雨の夜なんか良くない。
ダッシュに白い毛の長い白いカーペット状のものを敷いているのを時々見かけるが、好き好きとはいえ感心したものではない。ステアリングホイールカバーどころの危険性ではないからだ。
白いステアリングホイールカバーを巻いたクルマをチラッと見るとそのカバーがつやつや光って見える。ビニルコーティングだろうか。だとしたらぺたぺたしていやだな。水が付いて濡れたらつるりっと滑りそうだし。

正直な感想を言わせて貰えば、アタシには理解しがたい、というところか。今度クルマ用品店に行った時にでも材質などをチェックしてみよう。

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/07/23(日) 22:49:13|
  2. オヤジで悪かったね
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

珍しく夏が恋しい

古いネガの整理中(面倒な作業なんだけど)にでてきた絵を見ていると、ノスタルジックな感傷に浸る事がよくある。
多分パノラマにしようと撮影した夏の風景のネガが結構ある。
何でパノラマにしたかったか、実際に繋げて見ると当時の事がおぼろげによみがえる。
この写真は1992年夏・オホーツクと書いてあった3つの袋の2番目のフィルムに入っていた、3枚を現代のテクノロジーによりやすやすと(作業としては、ね)繋げたものだ。
横長なんで縦にして掲載しよう。
199208-p002csv.jpg

両目で見るとこんな感じの広がりに見えただろうと思う。
北海道では少々車を走らせればこういう風景には容易に出逢う事が出来る。
オホーツク、というのは細菌オヤジの母親の生誕地である上湧別のある辺りを指す地名。「上湧別」で検索すると、、、先頭は上湧別町のHP。
あ、スイッチ入ったんでか。道産子モード突入。

小学校卒業以来4X年間行ってないわ、って言ってたから実家に帰省した時に「ちょっと行ってみるかぁ」って出かけたさ。
ちょっと、って言う距離でないわ。したけど北海道の場合はkm行程を50で割れば休憩入れてその時間で目的地にほぼ着くべや、大概。
確か朝出て夕方にサロマでがっぱがっぱ飛んでくる蚊の大群に刺されまくりながら写真撮ったわ。あったらにいっぱい蚊飛んでるの生まれて初めて見たな。
民宿に飛び込み宿泊して、翌日生まれ育ったという上湧別町の開拓地さ向かった。
昔は畑作してたって聞いてたけど、ほぼ全部牧場になってたな。母親の小学校卒業と同時に現在の母親の実家のある士別市に移住して稲作を始めたそうだ。

地形自体は変わっていないんだべな。したけど記憶にある風景はあらかた変わっちゃったべや。何が何処にあるか、クルマを降りて見渡しても、もう分らないって寂しそうにしてたさ。

しゃぁないな、したらもう帰るか、って言ってたっけ偶然に通っていた小学校がほぼそのまま保存されているのを発見したさ。
そこさ行って見たら記憶が少しずつ蘇ったみたいだったわ。
あっちに墓地があって、こっちにちっこい神社があって、あの山は手拭山って呼んでて、、、
記念写真撮ったさ。ちょびっとだけど親孝行したかな。

・・・で、この写真さ、電柱一本もないべや。牧場だから。といっても本当に影も形もないんでか。これは北海道の中でもかなりの田舎だわ。
【訂正追記】よく見たら電柱も電線も写ってたわ。失礼ぶっこきました。

夏の北海道、今年もお盆に大変な思いして帰省するさ。でも思い出は金で買えないべや。 セガレにも楽しい記憶を残してやりたいし。
東京暮らしも通算で随分になるなぁ。
夏の暑さと湿気にはいまだに体慣れないさ。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/07/23(日) 12:23:02|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しいレンズに思う

今回、字ばっかり。
脂熊の新しいマクロレンズが発表された。
8月に発売になるようだが、105mmF2.8という優れたレンズがあるのに、微妙な焦点距離でしかも同価格帯。
脂熊らしい品揃えというところか。詳しい情報は分らないけど、狙っているのは画質の更なる向上、具体的には色収差の排除なのだろう。
105mmでは使われなかったSLDレンズを3枚奢っている。うち2枚は高屈折率の特殊低分散という新しい?硝材らしい。
細菌オヤジが持っている他無論90mmもそうだが、この価格帯のマクロレンズで特殊低分散の硝材を使ったものは少ない(ない?)。
煮昆の105mmVRだってEDを後群に一枚使っているだけ。VRということもあるが価格は2倍、重さも他無論の2倍近い。
こういう状況の中で70mmマクロ(この焦点距離は聞いたことがないな)の発売に関して、細菌オヤジの現時点の素直な感想は、
かなり期待しちゃうぞ

だ。
王者である他無論90mmには同価格帯で勝っているレンズがない現状、品揃えの豊富さとSLD3枚という豪華仕様で喧嘩を売った感がある。
70mmは今の世の中ではいい焦点距離だ。
APS-Cサイズの一眼なら換算で105mm級。35mmフィルムフルサイズでも比較的使い勝手の良い中望遠になる。なにせ絞り開放での描写性能がぐんと向上していると想像されるからだ。ポートレートにもいいんじゃなかろうか。

もう一点別の話題。
低価格70-300mm望遠ズームの色収差に関しては以前から結構あれこれ比較をして自分なりに決着をつけた経緯がある。
特殊低分散硝材を使えば使わないものに比べて色収差が低減されるのは当たり前なんだが、ボケ味との関係もあるのでとにかく使えばいいとは言い切れない。
とはいえ、細菌オヤジが比べた例では使った方が勝ちだ。
最初の一瞥の印象が違う。

他無論572Dは特殊低分散レンズを後群に一枚だけ使った。
脂熊APO70-300mmは加えて前群に二枚、都合三枚使って実売価格はおよそ一万円の差だった。
その572DがリニューアルでA17としてDiバージョンで登場した。実売価格差はおよそ5千円に縮まったが、その分だけ性能は向上したのだろうか。

A17のスペックを見ると大きく変わったのはDiになるためのコーティングだ。光学系の設計は全く変わっていない様に見える。内面の反射の影響はコーティングで相当軽減されるので、実用的にはありがたい部分ではある。でもフードをきちんと装着して、さらにハレ切りの対処をすれば困った事になる例は少ない。(だから煮昆マウントの脂熊APO70-300mmもDGバージョンには買い替えないでずっと使っている。)
外観も少し変わってちょっとだけ高級感がでてきた。

572Dも二つのマウントでかなり嘗め回したので、光学系に進歩がなければもう購買意欲は生じない。
メーカーとしての戦略に多少疑問があるなぁ。LDレンズ追加して脂熊と真っ向勝負をなぜしないのか。。。。何か負け犬戦略だな。
細菌オヤジはαマウントの300mmズームは脂熊APOに実質チェンジした。
EFマウントの300mmズームもやがて置き換えられるだろう。(このところ余り出番がないので結構先の話になるとは思うが)

20日発売のCAPA8月号で1mまで寄れる望遠ズームと銘打って脂熊の70-200mmF2.8EXDGマクロHSMとA17の事実上の比較記事が有ったが、内容は????だ。
ヨイショ記事であることに違いはないのだが、そもそも実売価格が6.5倍も違うものを同じページで記事にする意味があるのかと思うね。

それよりもA17のヨイショ内容に疑問があるな。「絞り開放からピントがビシッと合ったシャープで気持ちの良い描写の画像・・・」はEOS5Dの優れた画像処理の賜物に違いない。
コーティングだけで色収差が改善されるはずがないからだ。
「花のアップ撮影などではボケ描写を生みやすいレンズ・・・」なんだろうが、そのボケの質はいかがだったのかそのうちぜひ書いて欲しいものだ。
広告主のワルクチは書きにくいから雑誌社も苦労があるだろうけど、細菌オヤジの尊敬する西平さんは来年の「交換レンズ2007」でどう書きますかなぁ、これ。

細菌オヤジは光学系が同じ572Dは花のアップには向かないと結論付けた。使い込んでいくうちに花弁の縁の色滲みが許容できなくなったからだ。前ボケで青、後ろボケで黄色っぽいオレンジ色に滲む。 絞れば多少改善されるがもともと暗めのレンズだから撮影条件が悪くなってしまうし、絵柄によっては許しがたい場合がある。
同じ他無論の90mmマクロも若干その傾向があるが、こちらはさすがにSPを冠するだけあって気にならない範囲だ。

EOS5D買えばCAPAの記事並みに写るって?
おお、それはいい考えだな。 誰かお金ちょんだい。(^^;

やっぱり殺風景だから、無関係の写真を載せよう。
DSC_0896s.jpg
D70 / Tamron SP AF90mmF/2.8Di MACRO 1:1 / ISO200 絞り優先AE MP測光 WB-Auto AF 仕上がり設定「標準」 F5.6 1/320" ディプラデニア

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2006/07/22(土) 11:49:27|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひたすら雨

雨模様
D70 / Sigma 70-300mmF4-5.6 APO MACRO SUPER / 絞り優先AE MP測光 ISO400 WBオート 仕上がり設定「標準」 AF / 220mm F5.6 1/20" 現像時-0.5EV補正 UVフィルタと三脚使用

雨が続く。天気予報では今日は雨は上がり気温はぐんぐん上がって暑くなると言ってたけども、今現在は雨は止んだようが暑さの気配がない。

朝起きたらまだざぁざぁ降っていた。
この数日シャッター切っていないので禁断症状。
カメラ用の雨よけの用意があんまりないので自室ベランダから雨に打たれるクモの巣を撮ってみた。
風でゆらゆら揺れかなりの被写体ブレがある。外付けフラッシュ撮影を試みた。
光量は充分足りて露出も大きな破綻なく撮影は出来るのだが、被写体ブレを止めるのはなかなか難しい。
結局、最初のフラッシュなしのこの一枚が一番条件が良かった。

暑くなる、のかなぁ。。。。

テーマ:写真と言葉..日々の印象 - ジャンル:写真

  1. 2006/07/22(土) 08:45:36|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏はどこへ行った?

【写真は本文と関係ありません】
ALF20060715-035.jpg

SINBI 100Pro / α-7 / Sigma 70-300mmF4-5.6 APO DG MACRO
Av AF 分割測光 300mm F8 1/250"(-0.7EV)  ディプラデニア


こないだ、梅雨はもうどこかに消えた、と思った。
それくらい暑かった。
ところがここ数日ぐんと気温が下がっている。そして雨。日本海側を中心に各地で大きな被害が出ている。
暑くて雨が降るよりはまだましだが、何事も過ぎたるは、、、だ。
梅雨明け宣言が出ぬまま、セガレは1学期が終わってしまった。もう夏休みだそうだ。

今年の夏は目標を言い渡してある。自転車と寝小便の克服。

寝小便は男の子の場合は多分に生理的な側面があるのでギャァギャア言わないようにはしているが。
それに自分も子供の頃は寝小便垂れだったので気持ちはよく分る。気が付いたらやっちまったあとだ。
夢の中ではちゃんと夜中に起きてトイレに行ってるのだけどね、夢だと思ってない。
んで、目が覚めると濡れている、というわけだ。

自転車は悲しい。カミさんは運動神経ないくせに自転車はいきなり乗れたそうだ。細菌オヤジも4歳で乗れていた。
小学校入学前に近所の国道の下り坂でダンプカーと競争したな。さすがに勝てなかったが、ダンプカーの方がびびっていたっけ。
そういう血筋なのに、なぜかさっぱりダメ。これはギャアギャア言って何とか夏休み中に乗れるようにシゴクつもりだが、調査の結果カミさん方のババは自転車に乗れないという事が分った。これって隔世遺伝か?

閑話休題。「オトコ、香る。」のガムはさっぱり見当たらない。売り切れているんだろうか。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

  1. 2006/07/21(金) 00:22:11|
  2. オヤジで悪かったね
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

胡椒せんべい

あちこち探してもなかなか見つからなかった「胡椒せんべい」、灯台下暗し、セブン・イレブンにあるではないか。
偶然見つけたんだな、「職人かたぎ」シリーズの105円の小袋を。
独身の時には毎日必ず行ってたコンビニだが、今は泊まりの出張の時くらいしか行かなくなってしまったので、何が置いてあるかは知らなかったというわけだ。
・・・・オヤジだねぇ。。。。
なお、製造元も「ひざつき製菓」で、以前食ったのと同じだった。んまいよっ!

テーマ:お菓子 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/07/19(水) 20:55:46|
  2. オヤジで悪かったね
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

参りました

【写真は本文と全く関係ありません】
ALF20060715-011.jpg
SINBI 100Pro / Minolta α-7 / Sigma 70-300mmF4-5.6 APO DG MACRO
Av 300mm(MACRO) F5.6 1/60"(-0.3EV) このフィルムがなくなるのは惜しい


無知だった。 キャラクタ商品、馬鹿にしていたよ、正直。

先日カミさんがセガレの幼稚園の弁当に使う、といってうれしそうにプーさんのキャラクタつきのそぼろをスーパーで買った。

カミさんはキャラクター商品にはめっぽう弱い。スヌーピーだとか、ミッキーマウスだとか、プーさんだとか、キティちゃんだとか。。。いい年をしてよくやるわ、と細菌オヤジは呆れてしまっていて異議を唱えなくなって久しい。ろくに見もしないしそれは何だと聞きもしない。
だいたいカミさんは割引商品・お買い得商品大好きのくせに、こういうのは高くても簡単に納得する傾向がある。ま、今のところ幸いなことに生活に窮しているという訳ではないこともあり、細菌オヤジは何も言わないのだ。ご勝手に、というスタンス。

もっとも細菌オヤジとてガキの時代はあって、スーパーにあるキャラクタ商品はとっても好きだったよ。ウッドペッカーのクリームソーダ(粉末だよ。「ジュースの素」の渡辺製菓だったかなぁ:カネボウに吸収された:自信がないな)が好きでよくねだったもんさ・・・って年が分っちまうな。(^^;
シールか何かがおまけに付いていたような気がするが、定かでない。
はじめは袋の中から粉にまみれたウッドペッカーが出て来るんだと思ってたが、出てきた例がないのでいつも「あぁあ、またはずれちゃった」と思ってたな。

今回も『けっ』と思っていた。袋にプーさんの絵が描いてあるだけだろう? その袋もセガレが目にすることは殆どないのに、ぬわにがプーさんだ、、、、と。

朝、カミさんが張り切って弁当を作っている。(オヤジには作ってくれない。。。)プーさんがどうとか言ってるので、たかがそぼろにずいぶんとご熱心な事だ、中にプーさんが入ってるわけでもないだろう? とワルクチを言ってやった。。。。ら、勝利の笑みを浮かべて鼻先に弁当を突き出してきた。
・・・・飯の上にはそぼろに混じってなんとプーさんが居たのだ。それも3頭。
こういうのがあるんだなぁ。
ひれ伏しましたよ。完敗。参った。降参~~。(_ _,)/~~

アタシが悪うございました。今後心を入れ替えます。許してください。。。。とまでは言わなかったけど。

テーマ:お弁当 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/07/19(水) 02:10:21|
  2. 家族に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

失われ行くもの

古い写真のネガフィルムがでてきた中に、ある種貴重なものがあった。和菓子の写真だ。
20060717005503.jpg

20060717005536.jpg

何で和菓子を写真に撮ったかというと、細菌オヤジがカミサンを貰う時に実家の両親がカミサンの実家に挨拶に来た折に持ってきたものが非常に好評だったからだ。

中でもこの練り切りは見事な出来栄えで、自分の田舎の菓子屋にこんな見事な腕の職人がいるのは驚きだった。

加えて驚きなのはこの鯛の大きさだ。直径は一尺ある。昔はこういう大きさもそんなに珍しくはなかったのかもしれない。

実はカミサンは練りきりが大好物で、出来栄えにはことのほかうるさい(この当時はそんなこと知らなかったけど)のだが、そのカミサンをして「形といい味といいこれはすばらしい」と言わしめた。

しかしながら残念なことに、この練りきりを作ってくれた職人は高齢でこのあとに引退してしまっている。後で一度だけ同じものを依頼したことがあるが、全く出来栄えが違った。職人の腕が全く違うのだ。

おそらくその菓子屋では二度とあんな見事な練り切りを作れることはないだろう。
腕が違いすぎてそのギャップを埋められそうな気がとてもしないのだ。
ましてや今の世、こういうものをオーダーする人自体があまりいなくなってしまっているし、過疎が進む田舎町(財政破綻しているんじゃないかと思う)のことゆえ職人への刺激も少なかろう。

惜しいとは思うが、菓子屋の経営者(あくまで社長業をしていて、自らは菓子職人ではない)がこの事実をどう受け止めているのか分らない。自分の店の菓子の味を確認していないのかもしれない。であれば宿命と言わざるを得ない。

テーマ:お菓子 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/07/17(月) 01:21:18|
  2. オヤジで悪かったね
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続編:なかなかおいしかったです:お酒

頂きもののお酒、2本目を飲み始めた。
こちらは最初に飲んだものと比べるとかなり素朴で力強い感じでまた別の旨さがある。なるほど、最初に飲んだものはどちらかというと上品で爽やかで洗練された都会的女性的な味わいだったが、こっちは骨太の男っぽい味わい。2本組み合わせのお土産というわけだ。
DSC_0928s.jpg

ちょいと傾いてしまったが、ま、ご愛嬌ということにしていただこう。
何やら瓶に張り紙がしてあるのを読むと、あの地震で大きな被害のあった棚田で有名な山古志村(今は確か長岡市に合併)で栽培の米を使っていると書いてある。食い物飲み物の味は好みが分かれるものなので効能書きはあまり気にしたことはなかったが、ひとつ知識が増えたようで得した気分だ。
  1. 2006/07/16(日) 23:22:56|
  2. オヤジで悪かったね
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日も蒸し暑い

う”う”う”う”  不快指数が高い。
暑くて目が覚める。
こんな時に元気になる花もある。一方でしおれていく花もある。
D70+Tamron90mmマクロで、今朝手持ち撮影。三脚出すのが億劫。玄関の前なのに・・・・
ディプラデニア
 ディプラデニア(マンデビラ)
DSC_0900s.jpg
 ディプラデニア(マンデビラ)その2

あじさいピンク
 あじさい(ピンク) さすがに枯れかけてきた。

かすみ草
 かすみ草 こいつは元気だ。

細菌オヤジはといえば、だらしなくぐったりとするが「しおれる」などという風雅な様相ではない。 マグロが腐っていく様のようだ。

テーマ:写真と言葉..日々の印象 - ジャンル:写真

  1. 2006/07/16(日) 09:23:18|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なかなかおいしかったです:お酒

頂きものの清酒の小瓶(500ml)が二本ある。一本を3日かけてじっくり味わって飲んだ。このくらいなら一気に行きたいんだけど、肝臓もいたわらねばならないし。
最後の日は冷蔵庫に放り込んでおいてきりっと冷やしていった。
DSC_0889s.jpg

なかなか美味。さすが酒どころ新潟の酒だな。 日本酒のことはよく知らないが上品であっさりとして好きな味だ。最後の日に冷やして飲んだ時が一番美味だったね。もう一本は全く違う酒蔵のものだが、とりあえず冷蔵庫に入れた。暑いしなぁ。きりっと冷やして飲むというのが現代風の味わい方だな。電気もない昔には到底出来なかった飲み方だ。
ご馳走様でした。
  1. 2006/07/15(土) 22:20:19|
  2. オヤジで悪かったね
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨明けかなぁ・・・・

今日は朝から晴れてかなり暑かったが、西の山の方には真夏の雲がもくもくと成長しつつあるのが見えた。
熱帯夜で何度か夜中に目覚めるので眠りが浅い。6時頃から庭に咲いた夏の花グラジオラス(Gladiolus)を撮ろうとしたら、茎がぽっきりと折れていた。
あわてて手近にあった梅酒を漬けた後のホワイトリカーの空きパックに水を入れて挿してやった。死んでしまう前でよかった。
不幸中の幸いで、紙パックに挿したので撮影条件に自由度が高くなった。使ったことのなかったレフ板(ただのプラスチックの白い板だけどさ)も今回使ってみた。といっても使い方のコツなんぞ全く知らないから勝手気儘なもんだけど。あ、そういうことじゃダメだな。ちゃんと勉強しなくちゃ。。。
まずは標準ズームでボロが出ない程度の全体像。下の方は紙パックでプラスチック板も転がっているし。
Gladiolus
Gladiolus posted from フォト蔵 D70 Tamron SP AF28-75mmF/2.8XRDi 絞り優先AE MP測光 ISO200 WB-Auto AF 75mm F4 1/320"

今日はセガレが「お泊り保育」から帰ってくる日だった。昼間は隣町の施設に「炊事遠足」(北海道でしか使われない言葉かもしれない)行く。 みんなで水遊びをして、みんなでプラネタリウムを見て、みんなでカレーを作ってみんなで食べてみんなで食器を洗って、みんなでお風呂に入って、みんなでキャンプファイヤーと花火をして、幼稚園に戻ってみんなで寝る。。。。。めちゃくちゃ楽しそうだなぁ、と思ったらやはりその通りだったようで、迎えに行ったらたいそうご機嫌で帰って来た。 オヤジもそれしたいぞ。 引率の先生方は非常に大変だったと思う。感謝したい。こういう楽しい思い出は一生記憶に残るだろう。
暑い日だったので熱中症が心配だったが森の中だったため杞憂だったようだ。

レンズをマクロに交換し、三脚にもフォーカシングレールを付けて近接撮影。 フォーカシングレールはXYタイプだが、ちょいと剛性が足りないというのが分ってしまった。スライドさせるためにダイヤルに触れただけで振動が出る。
まぁいい。いつも望遠でやってるように、レンズの根元にもう一台のカメラぶら下げ攻撃を行うことで安定させOK。
Gladiolus 2
Gladiolus 2 posted from フォト蔵 D70 Tamron SP AF90mmF/2.8Di 絞り優先AE MP測光 ISO200 WB-Auto MF F3.8 1/400"

マクロレンズで絞り開放撮影(撮影倍率が掛かるのでF2.8とは行かないけども)では非常に被写界深度が浅いので、主題とするものが明確でそれが分りやすい構図でないと、何を撮っていたのか後で自分でも判らなくなることがある。(^^;> たはは。
Gladiolus 3
Gladiolus 3 posted from フォト蔵 D70 Tamron SP AF90mmF/2.8Di 絞り優先AE MP測光 ISO200 WB-Auto MF F4 1/500"(+0.7EV)

エー、、、次の2点はどうやら花弁の縁に何らかの魅力を感じたか。。。んんんん、工夫がないな。
Gladiolus 4
Gladiolus 4 posted from フォト蔵 D70 Tamron SP AF90mmF/2.8Di 絞り優先AE MP測光 ISO200 WB-Auto MF F3.8 1/500"(+0.7EV)

Gladiolus 5
Gladiolus 5 posted from フォト蔵 D70 Tamron SP AF90mmF/2.8Di 絞り優先AE MP測光 ISO200 WB-Auto MF F4 1/500"(+0.7EV)

うう、もたもたしてたら直射日光が来てしまったぞ。花弁がきらりと光るが上手く収められるだろうか。。。ああ、未熟だ。。。
Gladiolus 6
Gladiolus 6 posted from フォト蔵 D70 Tamron SP AF90mmF/2.8Di 絞り優先AE MP測光 ISO200 WB-Auto MF F3.8 1/2000"(+1.3EV)

昼過ぎ、遠雷がぐんぐん近づき暗くなったかと思ったら激しい雷雨になり落雷の影響で珍しく3~4回短い停電があった。高圧送電線にでも落雷があったのだろう。
夕方にも短い雷雨があった。
もう、夏だ。 また暑い夏がやってきた。
セガレは一回り成長し、オヤジは加齢臭が一段と増していく。
体からバラの香りがするというガムでも噛むか。。。。

テーマ:写真と言葉..日々の印象 - ジャンル:写真

  1. 2006/07/15(土) 19:35:32|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

採り忘れ



残さず収穫したと思っていた梅の実、3個収穫漏れがあった。
1個はまだ小さく、最初の収穫時にはさらに小さかっただろうから見落としたとしてもしょうがないが、、、後の二つはずいぶんでかくなっていた。だから気が付いたのだけどね。
小粒のプラムくらいの大きさだ。梅の実としては結構でかい方だろうな。
摘果すれば実は大きくなるとは知っていたけど、二個だけ残せばこのくらいにはなるのだという証明を図らずもしてしまった。枝を切って実が沢山なった。デモ機でも木の大きさからすれば多すぎたと思っている。来年は摘果してでかい実を作るか。。。


[採り忘れ]の続きを読む
  1. 2006/07/14(金) 22:08:39|
  2. オヤジで悪かったね
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エコに思う(バス利用で感じること)

【写真は主題とは関係ありません】
今日は暑かった。「今日も」という方が正しいか。 噴水を浴びたかったなぁ。まるで風呂場の中をずっと歩いているような感じだったもの。
DSC_0681s.jpg
D70 Sigma AF70-300mmF4-5.6APO 220mm Av F5.3 1/320" ISO200
あじさいももう終わりDSC_0688s.jpg
D70 Sigma AF70-300mmF4-5.6APO 86mm Av F4 1/1600"(-0.3EV) ISO400
我が家のマスコットも心なしかけだるそうDSC_0801s.jpg
D70 AF-S DX 18-70mmF/3.5-4.5G IF ED 70mm F4.5 1/400" ISO200
さて、本題。今日は少し荒れるよ、バス会社さん。
仕事で外に出るときなど、バスをよく利用する。最近は「エコ」が合言葉で、アイドリングストップなどが行われている。大変結構なことだ、それ自体は。
しかし、バスを利用していて非常に虚しい。 アイドリングストップなんぞ、はっきり言って焼け石に水だ。 なぜか?
簡単だ。 バスの運転自体がさっぱり「エコ」でないからだ。
アイドリングの時間と走っている時間とどっちが長いか?
どっちがより多くのエネルギを消費しCO2を生産しているか?
アイドリングストップをするなと言っているのではない。
多くのバスの運転手は自覚が足りない、いや、欠如していると言っているのだ。
走っている時のエンジンの音を聞いてみなさい。タコメータを覗いて御覧なさい。
路線バスなどに使われているエンジンの最大トルクは1500rpm以下のはずだ。最大出力だって2000rpmとかくらいだろう。
なるべく低い回転数で走行することで騒音も排気ガスの量も低減できる。当然省エネになる。上り坂などではそうもいかないことも当然あるだろうが、バス運転手の中には全く必要もないのにレッドゾーンまで回してシフトアップしたり、3速のままずっと走り続けたりする輩が結構沢山いる。はっきり言って乗客にとっても迷惑だ。加減速の加速度の絶対値が大きいからだ。立ってる客もいることを忘れている。プロの運転手の自覚が足りないな。
そこまでしなくたってダイヤは守れる時は守れるし、守れない時は守れやしないのだよ。
粗雑な運転は機械であるバスそのものにも余計な負荷になる。
乗客に優しい運転は環境にも優しい。
燃費を向上させる運転はそんなに難しくはない。「急」を止め、変速は早めにこまめに行って最大トルクの回転数以下で極力走る。エンジンブレーキを適切に使う。これで数%は簡単に向上するぞ。素人が出来てるんだからプロの運転手ならチョロイもんだろう?
バス会社はもう少し効果的な「エコ」をまじめに考えたらどうだ? 燃料代だって浮くぞ。パティキュレートだって当然減るからPMフィルタの寿命にも関係してくるぞ。 レッドゾーンまで回しても乗客のためにも会社のためにも何のメリットも生みはしない。
営業所ごとに省エネ運転コンクールでもやってみたらどうかね? 運行記録は管理されてるんだから、満タン法を使えば簡単だよ。やり方を工夫すれば運転手ごとに成績が出せるぞ。
あるいは、反「エコ」運転を記録するのもいいかもな。どこの回転域をどれだけ使ったかなんて簡単に記録できるもの。
走行時間に占める2000rpm以上の比率が高い運転手は燃料も無駄に使っているんだから罰金を給料から引け。
お題目だけの仕方なしに看板出してるだけの「エコ」なぞ何の役にも立っていないのだ。
やるんならもっとまじめにやってくれ、出来ないなら「エコ」の看板なんか出すな、バス会社よ。
国土交通省、分ってるか? バス乗ってるか、キャリア役人?
  1. 2006/07/12(水) 22:31:56|
  2. オヤジで悪かったね
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プリンタドライバ更新

【写真は本文と関係ありません】
DSC_0214s.jpg

迂闊にも見逃していたプリンタドライバの更新。
早速やってみたらば、、、確かに以下の点が改善されている。

1.グラデーションのパターンによってははっきり見えていた縞模様はそこそこ(劇的とは行かないなぁ)軽減した。
  が、夜明けや夕方の「空」のグラデーションは相変わらず苦手。満月の夜空も同様傾向。
  JPEGの絵だと元から按配が悪いので余計に目だってダメ。
  悲しいなぁ。エプソンのプリンタなら綺麗なのかねぇ。(多分似たようなもんだろう)
2.絵柄によって極端な緑かぶりになる傾向があったがまぁまぁ改善した。
  でもまだドライバ依存と思われる緑かぶりは、軽減はしたが絵柄により相変わらず発生している。

インク色数が違う他のiPプリンタだと大丈夫なんだろうか。
・・・う、書きながら寝ちまった。おやすみ。

テーマ:写真と言葉..日々の印象 - ジャンル:写真

  1. 2006/07/11(火) 00:55:35|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暑くなってきた

数日、ブログに書いていなかった。 少しだけ忙しくしていたから。
暑くなってきている。DSC_0771s.jpg
Nikon D70 Sigma AF70-300mmF4-5.6APO Av ISO200 F8 1/320"
ホーム寺のフォトコンに応募してみようと思っている。
参加することに意義がある。近所だからね。
ウデに覚えのある人たちがわんさかと応募するからド素人のあたしが選に入ることはない。
昨年の入選作品の傾向(=選者の嗜好)は結構明快だったが、それは細菌オヤジの好きな傾向とは違う。
といいつつもその嗜好に合いそうなのを中心にチョイス、多少のレタッチをしてプリントというのをやってた。
どうも観音iP8600はグラデーションが不得手だ。ヘッドの汚れのような、あるはずのない縞が見えてしまうのが数点あった。
はじめはヘッドの汚れかと思っていたが、ほかの写真では全然そういう現象はないし、現象が出る写真はクリーニングしても必ず出ているので、ドライバが怪しい。
それらは店プリントすることにしたのだが、1枚だけやばそうなのがある。さてどうしたもんか。
画面の殆どが空でグラデーションになっているものだ。
これはRAW印刷でなら殆ど目立たないのだが、JPEG圧縮してやるとどうしても階段状の色の変化が目立ってくる。
そこで店プリントもRAWかビットマップかTIFFにしたいところなんだが、現状は加工したデータはJPEG以外に受け付けてくれる仕組みがない模様だ。
でも、ひょっとしたらあるのかもしれないのでオーダーかけた店に聞いてみようかと思う。
と、ここまで書いてちょっと確認のために観音サポートページを覗いたら、わりと細菌、もとい、最近ドライバが更新されておるではないかいな。変更の中身は、、、、なぬ、グラデーションの不具合修正とな? 不覚、先に調べておくべきだったな。
・・・・明日確認することにしよう。もう眠い。

テーマ:写真と言葉..日々の印象 - ジャンル:写真

  1. 2006/07/10(月) 02:34:44|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

70-300mmレンズの比較 PartⅡ

6月27日の記事でαマウントの70-300mm望遠ズームのことを書いた。
これまで異なるボディで比べてきたことを同じボディ、同じ条件で再確認するのが目的。
写真は結構大きなデータが沢山あるので、以下のリンクを参照願いたい。
ΣAPO300mmF11
ΣAPO300mmF11 posted from フォト蔵

前回記事の分も含め、結果を書いておく。
1.再確認した事項
(1)解像度
   脂熊APO70-300の方が絞り開放の解像度が高く、高コントラストだ。
   他無論572Dも絞ればそれなりに良くなるが、及ばず。でも2L判くらいまでなら、
   絞ればまず問題なし。
(2)色収差
   APOの圧勝。 SLDレンズ2枚を前群に備えたものと非球面レンズだけのものとでは
   勝負にならず。 特にマクロモードで目立つ。
   572Dは前ボケのエッジには青紫、後ボケのエッジにはオレンジ色が浮き出てくる。
   これは絵柄によっては非常に気になる。L判位でも見える時がある。
【以下一項目追記】
(3)色調の違い
   相対的な比較だけど、APOのほうがやや赤からオレンジ系が強い。
   572Dは青緑系がやや強い。


2.今回分ったこと
(1)被写界深度
   F11くらいまで絞ってもAPOはかなり浅い。
   特に300mmだとかなり違う。
   572Dはシグマに比べると絞ればそれなりに深度は深くなるようだ。
(2)開放絞りの申告値
   APOは標準モードでの開放絞りの申告値がどうも小さいようだ。
   細菌オヤジの撮影スタイルは殆どが絞り優先AEだ。
   今回のテスト撮影ではαマウントの他のレンズでは起きない露出オーバーが頻発した。
   注意が必要だ。
   距離によりカメラ側に伝えられる開放絞り値は二つのレンズで少々違う。
   口径もレンズ構成も違うのでそれは別に良い。
   ただ、同じ申告値であるはずなのに、同じ絞り優先AEで同じ絞り値で同じ画角
   (焦点距離)で同じ被写体で撮影時刻も殆ど同じでも、572Dでは適正露出でも
   APOはオーバー目。
   例えば実際の開放絞り値がF5.6でもF4とボディに申告しているんじゃないだろうか。
   (極端な値を例にしている)
   ボディは開放測光値と開放絞りの申告値に基づいて、設定された撮影条件の絞り値
   (例えばF8)に合わせてシャッター速度を決めるから、F4の時の1/4の
   シャッター速度に設定するだろう。
   でも実際には開放絞りがF5.6だから撮影時のシャッター速度は開放時の1/2に
   設定しなければならないので、開放絞り値の過少申告は露出オーバーを引き起こすはずだ。
   過少申告による追徴課税ってわけか。
   ISO公称感度50だが実際にはもっと低いベルビアの場合には補正なしでいいかも
   知れない。
   なお、マクロモードでは申告値でおおよそ適正露出と思われ、逆に572Dは
   ややアンダー傾向。
(3)番外
   572Dは仕様上は最小絞りはF32となっているが、実際にはF45まで絞れた。
   撮影結果の露出も適正になっており、多分実際に絞れているに違いない。
   ただし、ここまで絞る必要は殆どないだろうと思うけど。
   絞り羽根の回折の影響でかえって解像度が落ちるので、超高照度の被写体を
   撮る時だけかなぁ。
   70mmならパンフォーカスというのもあり得るかしら。

テーマ:写真と言葉..日々の印象 - ジャンル:写真

  1. 2006/07/02(日) 13:33:50|
  2. 写真に関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

掃溜め寄生細菌

Author:掃溜め寄生細菌
偶然に写真の世界に足を踏み入れ、たら、ぬ、抜けられない。じ、地獄に引きずり込まれて行くぅぅぅ・・・
********************
※掲載内容の転載や再利用に関しては、ご面倒でも連絡をお願いします。 著作権の放棄はしておりません。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


こちらもよろしく。にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ

最近のコメント

リンク

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:Blog??・・・LifeLogだな・2

メールフォーム

私信はこちらへお願いします。
返信ご希望の場合は「メール」欄に返信用のアドレスを正しく記載して頂ければ専用のメールアドレスから返信します。
メールを投函した事自体や、メール本文、アドレスなど個人情報が公開される事はありません。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。