写真にはまったオヤジのつぶやき

写真てこんなに面白いとは知らなかった。すっかりオヤジになってから入った不思議な世界。腕前はさておきオヤジだけに言うことだけはエラソウ。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

電子工作、というほどではありませんが。。。

相当長い間更新をサボってます。
iPad使って顔本とかやっちゃってると、ブログの記事をシコシコ書くのがつくづく
面倒になってしまって、遠のいてます。
ジジイ化と、もともと大してマメな方じゃないこともあり、ラクな方へラクな方へ
と。。。 まさに水は低きに流れていくわけであります。 (何を偉そうに。。。)

昨晩と今朝と、久し振りに半田ゴテを使っていました。
経緯を書き始めると長くなるな、と思いつつもその経緯をば。。。

家中にNW機器が溢れてきて、NW危機になりつつある状況です。
SW-HUBの口が足りなくなってきました。
いろんな事情があって、家の中なのにセグメントの異なるNWを2系統使っていますが、
そのうち、「普通に」使ってる方のHUBの口が足りなくなりつつあります。
テレビでも何でもNWの時代なもんでねぇ。

一方で、もうひとつのセグメントはPC間でファイルを高速転送するための口にして
いますので、HUBの口は余っている状況。
つまり、トータルで機械的/電気的な口の数は足りてますが、論理的な口の数に偏り
があるために逼迫してきた、てことです。

この状況を打開するには、口の多いHUBにすりゃいいわけで(付け足しでは機材の数
だけが増えていってしまうのであまり好ましくありません)、新品を買おうと思った
んですが、あんまり価格は下がっていないんですね、これが。 もうずっと底値に
なってるということなんでしょうかね。

どうせ買うなら少々賢いもの(世に言う、インテリジェントスイッチ)に手を出して
みたいという助平根性が顔を覗かせ、ギガビットで16ポート以上の中古を探して
みたら、こんなのが3,600円位で見つかりました。



一応インテリジェントタイプなので色んなことが出来るんですが、そのためには「設定」
が必要。 仕事にも役立つ部分が多々あるので、勉強という側面もあります。
ひと通り設定ができたので、ブツが流通しているうちに、と、もう一台同じものをポチ。
これで資源を有効利用できるわいな、シメシメ、安い投資だ、ということで終われば
よかったんですが、一つ問題がありました。 それは、、、

ウルサイ

仕事場でなら、もともと何らかの環境雑音がそれなりのレベルで存在するし、この手の
機器は概ね耳から近いところにはありません。
しかし、家庭となると話は別です。動作音がウルサイのはPCくらいで、それも最近は静かに
なってきてます。

1m離れたら気づかないくらいの「静音」が欲しい。。。
というのが、今回の「電子工作」のきっかけです。
主な購入部品はこちら。もちろん、思い立った時の通販ポチです。 アキバに買いに行く
より確実にトータルで安いです。



内部のファンはこんな具合についてます。


端子部分は、、、


ピンヘッダ側の形状は、見慣れたカタチ。 PCと同じです。ただしピンコネは違いました。


ホコリで汚いですが、右側がもともと付いているファンのコネクタ、左が購入品。
業界では、赤がプラス電源、黒はグランドと相場が決まっています。
テスターでも確認しましたがその通り。
左端は回転検出出力です。この手のファンに配線が三本ある場合は、そのようになってますし
L2SWでも回転検出してるのが分かっていますので間違いありません。

しかし、ファンそのものは12Vではなく、5V仕様。


勢い良く回っているだけあって風量もかなりあります。 6300rpm。 ウルサイはずです。

なぜそんなに勢い良く風を吹き出しているかというと、放熱が必要だからです。この放熱の根拠
は機器内で熱に変わるエネルギーを計算することで得られていると思われます。普通はそうします。

想定しうる最大負荷(全ポートが100mのケーブルを使い、利用可能な帯域のすべてを使って通信
している状態)で発生する熱エネルギーによる機内温度が機器仕様で規定しいる限界に到達しない
ように何らかの形で熱を外部に放出しなければなりません。
それにはどれだけの風量が必要かというのは計算でき、実験で放熱効果は確認できます。

つまり、これはなんとなく2つウルサイのを付けてるという事ではありません。(良識ある設計者
の手によるならば、です)
だから、勝手にファンを止めたり取っ払ったり風量の小さいものに取り替えるというのは、本来
間違った行為です。

とは言え、ウルサイのには我慢ができないのと、全ポート最大負荷なんて我が家ではありえないのと、
自己責任で済む使い方であるのと、いつでも戻せるようにしておきゃいいや、という打算に基づき、
私はファンを交換するのであります。
この記事を見て真似をするのは勝手ですが、何かトラブルが発生しても私には責任を取る理由が
ありませんからネ。

[電子工作、というほどではありませんが。。。]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2013/11/23(土) 14:11:51|
  2. PCに関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ババ~ンとね



外付けドライブで公称容量で3.5TBを使っていますが、写真や動画データのボリュームがデカイために
適宜DVD-Rやら最近はBD-Rに移し替えています。
とはいえ、一旦その手の光学メディアに移してしまうとアクセスがめんどくさいのも事実でして、2、3年分
くらいはバッファとしてこの3.5TBで持たせてきました。

今年の秋にD7000と離別してD600を導入しましたが、24M画素をRAWで持つと14ビット圧縮RAW
でも約1枚あたり30MBを超え、負荷が高くなりました。
D7000は16M画素でしたから、50%増えてます。

処理系のパフォーマンスはD800にも耐えられるように事前に増強してあり、充分耐えていますが、
ストレージはやはり厳しいですね。
OSもWindows7にした(割と最近ね^^)し、2TB増強することにしたのですが、外付け4台目ともなると、
I/Fの数も辛くなってきちゃいますから、少々整理統合しました。

従来USB3.0一本に対しHDDを1台接続していたのを、写真の「玄立」によってHDD2台接続できるように
しました。
ボタン1発でクローンも作れるスグレモノのですが、当面その機能を使うことは無さそうです。

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/12/10(月) 22:27:34|
  2. PCに関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時代に乗り遅れるな

2007年に、チョット高いなぁ、と思いながらもブランド力に釣られてこういうのを確か1万円ほどで購入しました。
ビックカメラでね。

これを使って、アナログレコードのバックアップと、PC再生の音楽をステレオから流すためのインターフェースとして使っていました。
バックアップはかなり良い感じで出来るのがわかったら少し安心しちゃってスピードダウン、まだ全然終わってないけど。。。
アナログ部分の出来は秀逸な仕上がりで、これなら1万円の価値は充分あると満足してました、、、つい先日までね。
USB1.1というのが5年前でも古臭い感じがしないでもありませんが、24bit/96KHzステレオでも伝送容量的には充分足ります。

発端は、生命保険会社のTVCMで手嶌葵がカバーした名曲「瑠璃色の地球」が収録されたCD「Image12」を入手して再生したことによります。
この曲ね。
綾瀬はるか CM 日本生命 みらいサポート 30s

松田聖子とか、中森明菜とか、複数のシンガーがカバーしてますけど、ジブリアニメで聞いたあの声でヤラレタましたね。オヤジ、あのハスキーボイスに萌えましたよ。
で、、、いつものようにPC再生でヘッドホンで聞いてたんですが、なんと、驚愕の事実がぁっっ!!

レコード再生してるみたいにプチプチとスクラッチノイズ(レコードじゃないからスクラッチのはずが無いですが)が聞こえる。。。
それも再生のたびにノイズの出方が変わる。。。(*0*)ンナバナナ

色々再生条件を変えてみましたが状況は好転しません。 マザーボード実装のHDオーディオ(出てくる音はさっぱりHDじゃないけど)経由だとそんなノイズはありませんでしたから、このオンキヨーのUSBオーディオが原因と断定できます。

で、巷の噂を拾い集めてみると、このUSBオーディオ、メーカーによらずPC側との相性が悪い場合があるようで、それもwin7とどうも相性がよろしくないという事例が多く、なかでもこのオンキヨーの製品に関してはこいつの後の世代の製品でもメーカーもあえて対応するつもりはないらしく(機材として対応できないのかも知れません)、さんざんこき下ろされています。

音的にはなんの不満もなかったので非常に悔しいですが、ついこないだ苦労してXP-32から7-64に世代交代したばっかりの環境を戻すつもりはありません。
ということで、5年を待たずに引退です。

となれば、代替手段が必要。
あれこれ検討して評価の高いローランドあたりを考えていたんですが、製品が音楽制作向けなので現時点では使わない入力仕様とかが多く、悩んだ末の選択がこれでした。 PC2台あるし、リスク回避の意味も込めて2台。繋ぎにしかならないかもしれないのでコストパフォーマンス重視に落ち着きました。


上のはドイツのメーカー(製造はもちろん中国)で、16bit/48kHzまでの、なんと1,980円。
最低限の機能しか持っていないけれど、巷の評判は「さほど」悪くないんです。(取説がダメという評価は実感しました)
ASIOドライバをインストールして対応ソフトで使わないとダメという評価が結構あったんですが、オヤジの環境では2台のPCでOS標準ドライバで特に問題なく再生は出来ました。(録音は未評価)
再生音は、オンボードHDオーディオよりはマシというレベルで、まぁ、1,980円という価格を考えると上出来でしょうかね。

下は、台湾の老舗クリエイティブメディアの Sound Blaster シリーズのもので、長年手がけているだけあって、よくできています。

再生音は、ヘッドホンで聞く限りはオンキヨーに全然負けてません。 ライン出力のレベルが少々低い感じがしますが。
これも「上り」は未評価です。 RCA-ミニプラグ変換コネクタを調達忘れで。。。
付属ソフトも地味ですが使えるアプリやドライバがちゃんとCDでついてます。 今風にオンライン更新アプリも付いてますが、接続先のサーバーが激遅で更新DL中に爆睡しました。
5.1CH環境にはしていませんが拡張可能。 気が向いたら考えます。
その前にステレオアンプのソースセレクタの接点が怪しいので点検・清掃などが必要です。。。ブログネタですな。


テーマ:PC周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/05/26(土) 10:12:40|
  2. PCに関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PCドミノ移植

遠大な計画の第一歩、PCドミノ移植。 2台のPCに対して1台分の更新機材で更新します。
今回の更新機材はこれ↓ 


一式で8万円弱。
痛い投資ですが、重い処理がのしかかる撮影機材を購入してからではもっと痛いと思いましたので戦略的な投資です。
昨日、第一フェーズが大体終わりました。

第一フェーズは、我が家では一番処理能力の高いPCのMBを更新するのです。
MBはついにFDDはおろかIDEポートも消滅した、現在売れ筋のもの。 INTELの戦略でグラフィックス内蔵。
(ほぼゲーム狂のために)グラフィックスボードを2枚追加できるらしいですが、内蔵ポートでちゃんとHDMI出力に対応の性能を持っていて、普通にHD動画を処理したり鑑賞したりするなら内蔵だけで充分です。
主に変わる点は、、、
MB: ASUS P7P55D-E → ASUS P8Z68V/GEN3
CPU: Core i7 2.6GHz → Core i7 3.5GHz
主記憶: 12GB DDR3-1333 → 16GB DDR3-1600
拡張カード類、ドライブ類: 基本そのまま

MBがかなり大幅に変わるんで、案の定OSがびっくりこいて「起動できませんな、こりゃ」と訴えてきました。
XPの時は比較的すぐに「セーフモードで立ち上げましょうよ」と提案してきたのですが、今回(7-64)はというと、諦めが悪いのかプライドが高いのか、出来ません、努力しましたがダメですね、を繰り返すばっかり。。。という状況でした。 
なんかどこかで聞いたことがあるような。。。出来ない理由を一生懸命説明してくれますが、何の役にも立ちません。 必要なのはどうやったら出来るか、という事なんですけどね。

おまけにMBのBIOS画面がこれまた世代交代でえらくカッコ良くなってしまっていて鳩が豆鉄砲食った状況。
まぁ、こっちはすぐに「やってることは一緒だよ」というのがわかりましたんですが。

あんまり格闘する気もなかったので早々にクリーンインストールを始めてしまいましたが、その後セーフモードに持ち込む操作方法に気付きました。 めんどくさがったのを少し後悔。
殆どのアプリは、数もさほど多くないので再インストールはすぐに終わりました。
でも、、、
今回の第一フェーズで生き残れなかったものがあります。
それは、長いこと使ってきたカノープス(今は会社が買収されてグラスバレー)のビデオキャプチャボード。
カノープスのドライバのインストーラが今回も討ち死に。 64モードでもVirtual PC の XPモードでもドライバーがインストールできません。
そもそも何度も何度も再起動させながらでないとインストールできないドライバの作りがカノープスの伝統というかアホなとこと言うか。。。「独自」に妙なこだわりがあるんですが、なるべくこういうのは「一般的」にやって欲しいもんです。 ま、色々事情はあるんでしょうけど。

キャプチャはアイオーのUSBタイプで当面をしのぐ事にしました。 ソフトウェアエンコードですがCPUの馬力が充分ありますんで。
ハード処理で画質を向上させてくれていたカノープスですが、同等レベルの投資は今回は諦めました。
また気分が盛り上がったら考えることにして。。。

もう一つ、なぜか生き残れなかったのがSATA+ATA133拡張カード。 これは玄人志向のヤツで、MBと相性が悪いなんてのはざらにある世界のプロダクト。 実際に使っていたのはATA133(IDE)のポートで、まだ生き残っていたIDEの300GBHDD。 デバイスはOSが把握してるんですが、ブツを接続しても認識なし。
早々に諦めて、以前買っておいたIDE→SATA変換基板で解決。


見込み違いが一つ。 IEEE1394(FireWire)がこのMBにはなかった(型式勘違い)。。。orz DVビデオのキャプチャには必須なんで、急遽カードを調達中です。

今回の第一フェーズにより追い出されたMBなどが出ますが、今度はそれを、この記事を書いている汎用PCに移植します。それが第二フェーズ。 ここではとりあえずXPのままで移植させます。

完了後に今度はHDDを全部外して、新しいHDDのみを1台取り付けてそこに7-64Proを導入します。
その後すべてのHDDを接続し、マルチブート環境に持っていきます。 当面はBIOSで起動ディスク選択で間に合っちゃいますけどね。
アプリの移行が完了したらあとは新しいOSだけを使えばいい、ということで。。。
ここまでが第三フェーズ。

最終的に、今使っているPCのMBを始め、新しいMBでは使えないIDEのドライブなどがお役ゴメンで出てきます。
この中にはDVDドライブなどもあり、ケースや電源など少々加えると一台分の本体が出来るくらいです。
ディスプレイは今使っているのをこれまたドミノ更新して、、、今はディスプレイも安いですから、さほど大きな負担でもありません。

通例ですとハードの調子が悪くなって、というのがきっかけであるケースが多かったのですが、今回は現役バリバリ。性能的にも大きな不満はありません。
ということで、年内を目標にセガレ用のデスクトップ機を構成することにしました。
少し知恵を授けて、クリーンインストールからやらせてみようと思います。 あ、こりゃ第四フェーズだな。


テーマ:自作パソコン - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/04/30(月) 18:03:02|
  2. PCに関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

林檎

ついに、林檎の所有者になってしまいました。


タダだというので、ちょっとカッコつけて刻印オーダー。

ホントは名前も入ってるんですが、ちょっとレタッチしてます。
こういうオシャレなところとか、包装にも異様なくらい「質」にこだわるところとか、
「信者」にはタマランのでしょうね。
オーダーしたのが22日ですから、所要5日間で中国から届きました。
Wi-Fi/32GBモデル。 まだ続いている円高のお陰でお買い得感が高いです。

「売り」の目玉ポイントであるディスプレイ、これはホントにすばらしいですね。
現時点では我が家にあるどのディスプレイよりも高品質ですよ。

我が家で使用しているWi-Fi環境でインターネット接続するように初期設定しました。
WPA2-PSK/AESですが、手動設定で難なく繋がってくれました。
AOSSとかで強引に「簡単化」する手段のあるWindows用のクライアントソフトで手動設定するよりも、分かりやすいです。。。
自宅PCとはまだドッキングさせていませんが、iCloudは使えるようになりました。(多分)
暫くは自宅で「習熟」です。 日本語用のソフトキーボードの配列がキモチ悪いんですが。
明日は出張先でも使えるように、ノートPC-3G経由でインターネット接続の設定をする予定です。
ノートPC側で無線LANアダプタをAPモード動作させてやれば、今日の設定の状況から、あっさり繋がるだろうと思います。
そこまで行けばビジネス用のアプリ(App)を数点購入して(これがまた安いんですね、何でか知らんけど)おくと、色々とオヤジにとっては便利になります。


テーマ:iPad - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/03/28(水) 01:43:07|
  2. PCに関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

世代交代

本日、メインPCのケースを交換しました。
今まで使っていたのは、酷使に酷使を重ね、もはやケースといえる体裁ではなくなりつつある状態でした。

新しいケースは韓国ZALMAN社のZ9。 えらく風通しの良いケースで、見栄えもまぁまぁ。 安いけど良く出来ています。
クーリングファンは大径でゆっくり回るので、3個のファンが回る割には音も結構静かです。
ただ、ファンにLEDつけるのはやめて欲しい感じです。回転数によって明るさが変わるんですが、
無駄な電力使ってるように思えます。 熱電対の温度計がついていてケース内の温度は一目瞭然。 これは便利。

古いケースはセガレが生まれるはるか前から使っていて、もう15年くらい経つでしょうか。
最近、妙に静かなことに気が付きました。 外部ストレージ(NAS)の方が音がうるさく感じるくらい。
チェックしてみましたら、クーリングファンが前も後ろも回っていませんでした。
数回交換していますが、まぁ、よく持ったといっていいでしょう。
手で回そうとしてみても相当な抵抗がある状況で、軸受がダメになったみたいです。

今は気温が低いですからファンが回らなくとも全然なんともないですが、毎年夏は温度管理が大変な状況でした。
というわけで、ついにケース交換することに。
ハードの引越しの際に、絶不調だったIDEのHDDをついに撤去しました。


ドライブそのものというより怪しいのはIDEインターフェースカードだと思ってるんですけどもね。
まぁ、なんとも言えません。
どうもOSからの制御が芳しくなく、「スコ~ン」とかシークでエラーしてるような音もしていました。
調子が悪いとドライブの認識が出来ません。

80GBと160GB。 この頃では小さな容量でしかありませんが、まだまだそれなりに使いでのある容量です。
そこで手持ちの外付けHDDケースに放り込んで臨時ストレージとして使おうとしたら、なんと、ディスクが回りません。
PC装着時には、アクセスできない時はあっても。ちゃんとディスクは回転はしていました。
色々情報を集めてみましたら、どうもこの二つのMAXTORは大変な大飯食らいであるということが分かりました。
特にディスクを回し始める時(スピンアップ)の消費電流が他社に比べてかなり多く、外付けHDDケースのACアダプタでは容量が不足していることが判明しました。

やれやれ、お騒がせな奴らです。 

色々と思案・調査した結果、ノートPC用の電源で同じ電圧仕様のものを試してみることにしました。
ACアダプタの代わりにしようという魂胆です。 DCのコネクタもどうやら同じ形状の模様です。
さて、吉か凶か。。。

ちなみにMAXTORは2006年にSEAGATEと合併、すでにこのブランドは存在しません。

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/02/27(月) 00:14:46|
  2. PCに関するつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

掃溜め寄生細菌

Author:掃溜め寄生細菌
偶然に写真の世界に足を踏み入れ、たら、ぬ、抜けられない。じ、地獄に引きずり込まれて行くぅぅぅ・・・
********************
※掲載内容の転載や再利用に関しては、ご面倒でも連絡をお願いします。 著作権の放棄はしておりません。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング


こちらもよろしく。にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ

最近のコメント

リンク

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:Blog??・・・LifeLogだな・2

メールフォーム

私信はこちらへお願いします。
返信ご希望の場合は「メール」欄に返信用のアドレスを正しく記載して頂ければ専用のメールアドレスから返信します。
メールを投函した事自体や、メール本文、アドレスなど個人情報が公開される事はありません。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。